猫の肥満が気になる…猫のダイエットを成功させる4つのポイント

猫 ダイエット

 

人間と生活するようになった現代の猫は、栄養バランスが整った食事や安心できる居住環境のおかげで肥満傾向になっています。

 

しかし猫の肥満は寿命を縮める原因にもなりかねません。

 

猫に長生きしてほしいなら、肥満を改善する必要があるでしょう

 

それでは、猫をダイエットさせるにはどういった点に気を付けるべきでしょうか?

 

ここでは、猫のダイエットを成功させるために大事な4つのことや注意点について紹介します。

 

 

1.猫のダイエットを始める前の注意点

 

猫 ダイエット

 

猫の種類・体型・年齢によって適正体重は異なります。

 

ダイエットは、適正体重を超えてしまった猫の余分な脂肪を減らすことが目的です。

 

体型や見た目などを気にして、飼い主の都合だけでダイエットを始めることは大変危険です。

 

スポンサーリンク

 

猫の適正体重を無視して無理なダイエットをさせると病気のリスクが増えますし、猫の寿命を縮めてしまう恐れもあります。

 

ダイエットをするかどうかは獣医師と相談し、飼い主の感覚や見た目だけで実行しないように注意してください。

 

 

2.猫が肥満によって発症してしまう病気

 

猫 ダイエット

 

猫をダイエットさせる一番の目的は、肥満による病気を予防することです。

 

肥満の猫が発症しやすいと言われる病気には以下のようなものがあります。

 

  • 高脂血症
  • クッシング症候群
  • 糖尿病
  • 呼吸困難
  • 熱中症
  • 変形性関節症

 

こうした病気が密接に肥満と関連しているのですが、もはや肥満もひとつの病気として考えたほうがいいかもしれません。

 

猫が可愛いからといって高カロリーなおやつばかりを与えているとすぐに肥満傾向になってしまいます。

 

猫が肥満にならないように食事の管理と適度な運動をさせることが飼い主の責任といえるでしょう。

 

 

3.猫のダイエットを成功させるために大事な4つのポイント

 

猫 ダイエット

 

猫のダイエットを成功させるために大切なことは下記の4つです!

 

  1. 現状の体型と体重を理解する
  2. 猫にとっての理想の体重と体型を理解する
  3. 計画を立てて実践する
  4. 計画の反省点を修正してまた実践する

 

安全にダイエットを成功させるためにも、極端に食事を減らしたりすることは絶対にしてはいけませんよ。

 

もうひとつ大切なのは「ダイエットしていいのは健康な成猫に限る」ということです。

 

スポンサーリンク

 

まだ体が成長段階だったり、妊娠中や持病がある猫に、無理なダイエットをさせてしまうと健康を損ねる恐れがあります。

 

人間でも同じように、子供の頃からダイエットをさせると成長が早く止まったり、生理不順になることがありますよね。

 

猫も子猫の頃に無理なダイエットをさせると、その後の成長に大きな影響が出てしまいます。

 

ダイエットができるのは1歳を超えて授乳期を終えた健康な猫だけということを覚えておいてください。

 

ダイエットをさせる前には、持病がないかどうか、あるいは妊娠していないかを確認するためにも必ず獣医に相談をしてくださいね。

 

飼い主の判断で「太っている」と考えてダイエットをさせるのは動物虐待になりかねませんよ。

 

 

4.猫の肥満度を調べる方法

 

猫 ダイエット

 

猫の理想の体重や体型を理解することも飼い主のつとめです。

 

現在、猫の体型を図る上でもっとも優れている方法が「ボディコンディションスコア(BCS)」です。

 

上記のBCSによって猫の体重がどの位置に区分されているか知ることができます。

 

  • BCS@やせすぎ・・・理想体重の85%以下、体脂肪率5%以下
  • BCSA体重不足・・・理想体重の86〜94%、体脂肪率6〜14%
  • BCSB理想体重・・・理想体重の95〜106%、体脂肪率15〜24%
  • BCSC体重過剰・・・理想体重の107〜122%、体脂肪率25〜34%
  • BCSD肥満・・・理想体重の123〜146%、体脂肪率35%以上

 

BCSは肥満と痩せ度合いを短時間で簡単に評価ができる指標で、簡単に判断が可能です。

 

しかし、猫を飼うのが初めての人には、肥満か適正体重かの区別をつけるのが大変なところも多くあります。

 

難しいと感じる人は獣医に相談してみることをおススメします。

 

獣医は猫の体型を見て、体脂肪率がどの程度で、肥満なのかどうかをすぐに判断してくれます。

 

ダイエットを実践する期間は、体重をどれだけ落とすかによって変わります。

 

基本的には1kgを落とすのに10ヶ月前後が理想だと言われていますので、それに向けて取り組みをしていきましょう。

 

 

まとめ

 

人間のダイエットとは違って、猫のダイエットでは気を付けなければいけない点が多々あります。

 

適正体重や体型を理解し、猫に合ったダイエット計画を立てることが大切です。

 

飼い主の判断でおこなうのではなく、獣医に相談して猫にふさわしい体重をめざしてください。

 

肥満は猫にとって病気のリスクが高まるので、日頃から食べ過ぎやおやつの与え方に注意することが重要です。

 

ダイエットを成功させるためにも、無理なく焦らず取り組んでいきましょう。

引き続き、「猫の飼育方法やしつけ方」を紹介していきます↓




他にこんな記事も読まれています

しぐさでわかる「ネコの気持ち」


「猫の飼育方法やしつけ方」人気記事ランキング


猫 ダイエット
猫の習性を理解して仲良くなろう…猫に見られる習性9つの意味



猫 ダイエット
トイレサインを見極めよう…猫のトイレを成功させるしつけ方



猫 ダイエット
猫を長生きさせる秘訣が知りたい…猫の寿命を延ばす4つの方法



猫 ダイエット
猫を「抱っこ好き」にさせたい…猫が抱っこを嫌う5つの理由



猫 ダイエット
猫に散歩は必要?猫を散歩させるときに注意すべき4つのポイント



猫 ダイエット
実は猫にシャンプーは不要?シャンプーが必要な猫の特徴3つと注意点



猫 ダイエット
猫の飼育方法やしつけ方まとめ



猫 ダイエット
猫の耳掃除をする前に…猫に適した耳掃除の頻度と正しいやり方



猫 ダイエット
猫のニオイを消したい…猫が臭いと感じる3つの原因と対処法



猫 ダイエット
猫にワクチン摂取は本当に必要?猫のワクチン接種のメリットと注意点



猫 ダイエット
猫は何日ぐらい留守番できる?猫の留守番に必要な4つの準備



猫 ダイエット
猫の口臭は病気のせい?猫の口臭がキツくなる5つの原因



猫 ダイエット
猫の発情期の仕組みが凄かった…メス猫の発情期の特徴3つ



猫 ダイエット
猫がイカを食べると危険?猫にイカを食べさせるとどうなる?



猫 ダイエット
猫は牛乳を飲んではいけない?牛乳が猫に与える悪影響



猫 ダイエット
猫を飼うなら知っておこう…猫の飼い方で絶対に重要な5つのこと



猫 ダイエット
猫が夜中に鳴くのはなぜ?猫の夜中の鳴き声を抑える3つの方法



猫 ダイエット
猫の肥満が気になる…猫のダイエットを成功させる4つのポイント



猫 ダイエット
オススメの猫マッサージ…猫の部位別マッサージのやり方と注意点


猫 ダイエットロシアンブルー
猫 ダイエット三毛猫
猫 ダイエットアビシニアン
猫 ダイエットアメリカンショートヘア
猫 ダイエットマンチカン
猫 ダイエットスコティッシュフォールド
猫 ダイエットノルウェージャンフォレストキャット
猫 ダイエットシャム猫
猫 ダイエットペルシャ
猫 ダイエットソマリ
猫 ダイエットメインクーン
猫 ダイエットラグドール
猫 ダイエットサビ猫