猫は何日ぐらい留守番できる?猫の留守番に必要な4つの準備とは?

猫 留守番

 

猫を飼っていれば留守番をさせるときもありますよね。

 

飼い主としては心配で不安で、とても寂しい気持ちになってしまうものですね。

 

では猫を留守番させるときには、どういった点に注意するべきなのでしょうか?

 

ここでは、猫を数日間留守番させるときに必要な4つの準備について紹介します。

 

 

1.猫は何日間ぐらい留守番ができるの?

 

猫 留守番

 

「猫は何日ぐらい放置しても問題ないのか?」など、様々なアンケートがありますが、3泊4日を超えて放置させた経験がある人はほんの一握りのようです。

 

本来、猫は他の動物と共存して生活するタイプではなく、孤独で狩りをしながら生活をしていた歴史があります。

 

現在でも基本的な性質は変わっていませんので、飼い主がいなかったとしても単独で生活することにほとんど問題はありません。

 

スポンサーリンク

 

成猫の場合、1日15時間ほど寝ているので「寂しい」と思う暇すらないかもしれませんね。

 

1拍2日であれば、いくら寂しがりやな猫であっても問題なく留守番が可能でしょう。

 

2泊3日でもそれ以上でも、環境が整っていれば特に問題ないというケースも多いです。

 

猫は平気であっても飼い主のほうが心配し過ぎて、それ以上の留守番はさせられないのでしょうね。

 

 

2.猫を数日間留守番させるときに必要な4つの準備

 

猫 留守番

 

猫は単独行動をしていた動物ですので、人間が傍にいなくても生活できますし留守番も可能です。

 

しかし、それにはある程度の準備が必要なので、飼い主はしっかりと整えておかなければなりません。

 

スポンサーリンク

 

猫が快適な毎日を送れるようにしておけば、留守番の寂しさなどは特に感じないでしょう。

 

では、猫の留守番を成功させるための4つの準備について詳しく見ていきましょう。

 

 

@エサと水は十分に用意する

 

猫 留守番

 

エサと水の準備は日数分必要ですが、猫はあるだけ食べてしまうので時間がきたらエサが出てくる便利グッズがあります。

 

水は常に清潔に専用容器に入れるなどして管理をし、こぼれても良いように複数の場所に水を用意しておきましょう。

 

猫は決まった場所にある水以外は飲まない場合が多いです。

 

留守番をさせる前から複数の箇所に水飲み場があることを猫に覚えさせてください。

 

一度場所を覚えれば「そこに行けば水がある。」と理解し、次回からその場所にある水を飲んでくれます。

 

多頭飼いしているなら、猫の数だけ水容器を準備しておくようにしてください。

 

 

Aトイレを複数設置し、猫に場所を覚えてもらう

 

猫 留守番

 

エサと水が整っていたら、あとはトイレですね。

 

トイレも砂をたっぷりと敷いておき、部屋の複数個所にトイレを設置しておいてください。

 

スポンサーリンク

 

猫はキレイ好きなので、一つのトイレが汚いと違う場所で粗相をしてしまうかもしれません。

 

別に複数のトイレを設置してそちらを使うようにするなどの対応が必要です。

 

こちらも水と同じく、別のトイレの場所をあらかじめ猫に覚えさせてください。

 

いきなり別のトイレを用意しても、猫が場所を把握していなければ利用してくれないかもしれません。

 

できれば留守番をさせる1週間前ぐらいから別の場所にトイレを設置し、猫に場所を覚えさせるといいでしょう。

 

 

B部屋を適温に保つ

 

猫 留守番

 

エサと水とトイレだけ整えていれば良いと考える飼い主も多いですが、「室温」も重要です。

 

猫は暑すぎるのも、寒すぎるのも苦手なので、適温を維持できるように空調管理をしてあげましょう。

 

真夏に長い間留守番を任せるのはやめましょう。

 

突然エアコンが壊れたりすることもあるので、真夏に何日間も留守番させることは控えるべきです。

 

寒いときは、猫が好きな毛布を多く寝床に用意するだけで十分ですよ。

 

野生の環境下で生活していた猫は、寒くなると地面に穴を掘り寒さを凌いでいました。

 

寒いときに毛布にくるまるのは、穴を掘って風を凌ぐという習性です。

 

寒いと感じたら、毛布に自ら入って寒さを凌ぐのでそこまで心配はいりません。

 

 

Cトラブル防止!トイレのフタを閉め、お風呂の水を抜く

 

猫 留守番

 

起きているときにイタズラされないように、お風呂の水は抜いておき、トイレのフタを閉めておいてください。

 

猫は水が嫌いなくせにお風呂やトイレには興味を示します。

 

留守中にトラブルが起きないように事前に対策をしておく必要があるでしょう。

 

猫が侵入を防ぐ専用グッズが色々と販売されているので、留守番をさせる機会が多いのでであれば、購入を検討してみてくださいね。

 

 

まとめ

 

ここでは、猫を留守番させるための準備や、留守番が可能な期間について見ていきました。

 

猫は基本的に単独生活に慣れているので、人間が思っている以上に留守番が得意です。

 

どちらかというと、飼い主のほうが心配で寂しくて、すぐに帰りたいと思ってしまうのではないでしょうか?

 

しかし猫を数日間、留守番させるときにはそれなりに準備が必要なので、気を抜かないようにしっかりと整えてあげてくださいね。

 

また、中には寂しがり屋の猫もいるので、猫の性格によって留守番には配慮する必要がありますよ。

引き続き、「猫の飼育方法やしつけ方」を紹介していきます↓




他にこんな記事も読まれています

しぐさでわかる「ネコの気持ち」


「猫の飼育方法やしつけ方」人気記事ランキング


猫 留守番
猫の習性を理解して仲良くなろう…猫に見られる習性9つの意味



猫 留守番
トイレサインを見極めよう…猫のトイレを成功させるしつけ方



猫 留守番
猫を長生きさせる秘訣が知りたい…猫の寿命を延ばす4つの方法



猫 留守番
猫を「抱っこ好き」にさせたい…猫が抱っこを嫌う5つの理由



猫 留守番
猫に散歩は必要?猫を散歩させるときに注意すべき4つのポイント



猫 留守番
実は猫にシャンプーは不要?シャンプーが必要な猫の特徴3つと注意点



猫 留守番
猫の飼育方法やしつけ方まとめ



猫 留守番
猫の耳掃除をする前に…猫に適した耳掃除の頻度と正しいやり方



猫 留守番
猫のニオイを消したい…猫が臭いと感じる3つの原因と対処法



猫 留守番
猫にワクチン摂取は本当に必要?猫のワクチン接種のメリットと注意点



猫 留守番
猫は何日ぐらい留守番できる?猫の留守番に必要な4つの準備



猫 留守番
猫の口臭は病気のせい?猫の口臭がキツくなる5つの原因



猫 留守番
猫の発情期の仕組みが凄かった…メス猫の発情期の特徴3つ



猫 留守番
猫がイカを食べると危険?猫にイカを食べさせるとどうなる?



猫 留守番
猫は牛乳を飲んではいけない?牛乳が猫に与える悪影響



猫 留守番
猫を飼うなら知っておこう…猫の飼い方で絶対に重要な5つのこと



猫 留守番
猫が夜中に鳴くのはなぜ?猫の夜中の鳴き声を抑える3つの方法



猫 留守番
猫の肥満が気になる…猫のダイエットを成功させる4つのポイント



猫 留守番
オススメの猫マッサージ…猫の部位別マッサージのやり方と注意点


猫 留守番ロシアンブルー
猫 留守番三毛猫
猫 留守番アビシニアン
猫 留守番アメリカンショートヘア
猫 留守番マンチカン
猫 留守番スコティッシュフォールド
猫 留守番ノルウェージャンフォレストキャット
猫 留守番シャム猫
猫 留守番ペルシャ
猫 留守番ソマリ
猫 留守番メインクーン
猫 留守番ラグドール
猫 留守番サビ猫