要注意な猫のくしゃみは?猫のくしゃみで考えられる4つの病気とは?

猫 くしゃみ

 

猫の生理現象の一つに、「くしゃみ」があります。

 

人間と同様に、鼻腔に入りんだ異物を取り除く反射的反応なので特に問題はないでしょう。

 

ところが、くしゃみが病気と関係していることもあるので楽観視しすぎるのは禁物です。

 

猫のくしゃみで要注意なのはどのよう場合なのでしょうか?

 

ここでは、猫のくしゃみで考えられる4つの病気について紹介します。

 

 

1.猫がくしゃみをするときの特徴は?

 

猫 くしゃみ

 

猫はくしゃみをするとき、「ローリング運動」という行動をします。

 

ローリング運動とは首を左右にひねる行為を差し、猫がくしゃみをするときに見せる左右への特徴的な動きです。

 

横回転させながら、瞬間的に息の吐き出しを行うのでかなりつばが飛び散ります。

 

スポンサーリンク

 

風邪を引いている猫がくしゃみをするとウイルスが遠くまで飛び散ります。

 

多頭飼いをしている場合は、感染を防ぐためにも隔離しておくと安心です。

 

基本的に猫のくしゃみは単発で終わり、その後元気であればホコリ等が鼻腔に入っただけなので心配ないでしょう。

 

しかし、何度もくしゃみを連発させるようなら病気のおそれがあります。

 

 

2.猫のくしゃみで考えられる4つの病気

 

猫 くしゃみ

 

猫が連発してくしゃみをし、青っぱなが出ているときは、風邪や他の病気を患っているのかもしれません。

 

尚、連発するくしゃみが「ときどき」程度の回数であれば心配ありません。

 

スポンサーリンク

 

病気を疑うのは何日もくしゃみを連発するような明らかな異常があるときです。

 

猫が連発でくしゃみをするときに考えられる4つの病気について詳しく見ていきましょう。

 

 

@放置すると悪化する「アレルギー性鼻炎」

 

猫 くしゃみ

 

猫のくしゃみで多い病気として、アレルギー性鼻炎があります。

 

人間と同様に、体が許容する量のアレルゲン物質を取りこむことによって、免疫機能が過剰反応し異変が起こる病気です。

 

症状の特徴は、くしゃみや涙、鼻水などがあり、症状が悪化すると膿のある粘着性の鼻水が出てきます。

 

また、鼻づまりが起こると匂いを嗅ぐことに支障が出るので猫自身の食欲が落ちてしまいます。

 

食欲が落ちると免疫機能が低下するので症状がさらに悪化するおそれがあります。

 

くしゃみや鼻水に異常を感じたら、早めに動物病院で適切な治療をしてもらいましょう。

 

 

A人にも感染する「猫クラミジア感染症」

 

猫 くしゃみ

 

猫クラミジア感染症を患うと、くしゃみや鼻水だけでなく目ヤニがたくさん出てきます。

 

「猫クラミジア」と呼ばれる細菌が体内に入り込むことによって発症し、結膜炎や鼻炎、さらには呼吸器症状を引き起こすという特徴があります。

 

猫クラミジアに感染しやすいのは生後半年未満の子猫ですが、成猫であっても油断は禁物です。

 

スポンサーリンク

 

稀に猫から人への感染例もあり、「人獣共通感染症」の一つとになっています。

 

飼い主やその家族、多頭飼いをしている場合は他の猫にも注意してください。

 

細菌を死滅させることで症状が和らぐので、病院では有効な抗生物質が処方されます。

 

投薬には点眼や点鼻、服用がありますので、獣医の指示に従うようにしてください。

 

 

B重症化すると食欲が落ちる「猫カリシウイルス感染症」

 

猫 くしゃみ

 

猫に感染する代表的な病気の一つに、「猫カリシウイルス感染症」があります。

 

主な症状として、くしゃみや発熱、鼻水や目ヤニなどが挙げられ、重症化すると口内炎が悪化して食欲低下を引き起こします。
すでに罹患している猫と接触することによって感染する例が多く、多頭飼いや室外飼いをしている猫に見られます。

 

猫カリシウイルスは、非常に感染力が強く、空気感染もすると言われており、生後1年未満の子猫が発症するケースが多いようです。

 

乾燥した冬の時期は特に注意が必要で、異常が見られたら獣医に相談しましょう。

 

 

C風邪に似た症状に注意!「猫エイズウイルス感染症」

 

猫 くしゃみ

 

ネコ免疫不全ウイルスが体内に侵入し、爆発的に増殖することによって発症するのが猫エイズウイルス感染症です。

 

エイズと聞くと、人間に感染する「ヒト免疫不全ウイルス」をイメージしてしまいますが、猫にもエイズがあります。

 

猫エイズは、「急性期」から「潜伏期」を経て「発症期」に続きます。

 

最初の段階である「急性期」は、ウイルスが体内で増殖するのを抑えようと免疫細胞が働くため、発熱などの諸症状が見られます。

 

通常の風邪症状が1か月ほど続き、次第に治まっていくので「ただの風邪だったのかな?」と、飼い主が気付かないケースが多いので要注意です。

 

なんと、猫エイズの急性期に見られる症状に「くしゃみ」もあるのです。

 

 

まとめ

 

ここでは、猫がくしゃみをする原因として4つの病気を見ていきました。

 

猫のくしゃみのほとんどは生理現象なので気にすることはありませんが、中には病気が関係する場合があるので油断はできません。

 

くしゃみが長引いたり、いつもと違う様子があったら早めに獣医に相談してください。

 

ただのアレルギーであっても、人間と違って猫にとっては食欲が落ちるほどつらい症状となってしまいます。

 

感染症は薬で治療ができるので放置せず早めに動物病院へ行きましょう。

 

また、外出する猫の場合は、野良猫から猫エイズウイルスに感染してしまう恐れがあるので特に注意が必要といえるでしょう。

引き続き、「猫の飼育方法やしつけ方」を紹介していきます↓




他にこんな記事も読まれています

しぐさでわかる「ネコの気持ち」


「猫の飼育方法やしつけ方」人気記事ランキング


猫 くしゃみ
猫の習性を理解して仲良くなろう…猫に見られる習性9つの意味



猫 くしゃみ
トイレサインを見極めよう…猫のトイレを成功させるしつけ方



猫 くしゃみ
猫を長生きさせる秘訣が知りたい…猫の寿命を延ばす4つの方法



猫 くしゃみ
猫を「抱っこ好き」にさせたい…猫が抱っこを嫌う5つの理由



猫 くしゃみ
猫に散歩は必要?猫を散歩させるときに注意すべき4つのポイント



猫 くしゃみ
実は猫にシャンプーは不要?シャンプーが必要な猫の特徴3つと注意点



猫 くしゃみ
猫の飼育方法やしつけ方まとめ



猫 くしゃみ
猫の耳掃除をする前に…猫に適した耳掃除の頻度と正しいやり方



猫 くしゃみ
猫のニオイを消したい…猫が臭いと感じる3つの原因と対処法



猫 くしゃみ
猫にワクチン摂取は本当に必要?猫のワクチン接種のメリットと注意点



猫 くしゃみ
猫は何日ぐらい留守番できる?猫の留守番に必要な4つの準備



猫 くしゃみ
猫の口臭は病気のせい?猫の口臭がキツくなる5つの原因



猫 くしゃみ
猫の発情期の仕組みが凄かった…メス猫の発情期の特徴3つ



猫 くしゃみ
猫がイカを食べると危険?猫にイカを食べさせるとどうなる?



猫 くしゃみ
猫は牛乳を飲んではいけない?牛乳が猫に与える悪影響



猫 くしゃみ
猫を飼うなら知っておこう…猫の飼い方で絶対に重要な5つのこと



猫 くしゃみ
猫が夜中に鳴くのはなぜ?猫の夜中の鳴き声を抑える3つの方法



猫 くしゃみ
猫の肥満が気になる…猫のダイエットを成功させる4つのポイント



猫 くしゃみ
オススメの猫マッサージ…猫の部位別マッサージのやり方と注意点


猫 くしゃみロシアンブルー
猫 くしゃみ三毛猫
猫 くしゃみアビシニアン
猫 くしゃみアメリカンショートヘア
猫 くしゃみマンチカン
猫 くしゃみスコティッシュフォールド
猫 くしゃみノルウェージャンフォレストキャット
猫 くしゃみシャム猫
猫 くしゃみペルシャ
猫 くしゃみソマリ
猫 くしゃみメインクーン
猫 くしゃみラグドール
猫 くしゃみサビ猫