猫が噛むのはしつけが悪いから?猫が噛む主な原因4つと対処法は?

猫 噛む

 

猫を飼っていれば、噛まれた経験がある人がほとんどではないでしょうか?

 

猫が噛むのには様々な原因が考えられ、特定するのは困難です。

 

しかし猫をしっかりと観察すれば噛む原因を推察することも可能です。

 

飼い主として、猫が噛む理由を把握して対策をしておきましょう!

 

ここでは、猫が噛む主な4つの原因と対処法について紹介します。

 

 

1.猫がいきなり噛む攻撃をすることはある?

 

猫 噛む

 

猫が噛むという攻撃をするのは最終手段であり、攻撃行動には以下のような段階があります。

  1. カー!シャー!という威嚇
  2. 前足ではたくようなしぐさのけん制
  3. 爪を出さない猫パンチ
  4. 噛む・ひっかく

猫はそこまで攻撃性が強くないので、最初に威嚇をするなどして相手の様子を伺うことから始まります。

 

スポンサーリンク

 

猫は本来は怖がりですから、できれば争いはしたくないのです。

 

しかし威嚇やけん制をしても敵がその場から離れなければ、噛んだり引っかいたりといった攻撃をしてくるでしょう。

 

 

2.猫が噛む攻撃をする4つの原因

 

猫 噛む

 

猫が噛むほどの攻撃をする原因には何が考えられるのでしょうか?

 

猫が噛むと考えられる行動の中で、多くの猫に見られる共通した原因を抜粋して紹介します。

 

スポンサーリンク

 

では、猫が噛む攻撃をする原因4つについて詳しく見ていきましょう。

 

なお、「遊んでほしい」という要求のための甘噛みは攻撃とは言えませんので省いています。

 

 

@「恐怖性攻撃」…逃げ場がないときの反撃法

 

猫 噛む

 

猫が噛む攻撃行動の中で、多く発生するのが「恐怖性攻撃」です。

 

猫は怖がりですから、威嚇をする前に逃げてしまうことのほうが多いと言われています。

 

ところが逃げ場がなく、敵が迫ってくるときは命を守るために反撃をするのです

 

特に小心な性格の猫には頻繁に「恐怖性攻撃」が見られるのだとか。

 

対処法としては、猫に恐怖を与えないように工夫して生活することが望まれます。

 

社会化期にハンドリングをしたり、おもちゃなどに触れるようにすれば、恐怖を感じる対象が少なくなり攻撃することもなくなるでしょう。

 

 

A「母性攻撃」…わが子を守るための威嚇

 

猫 噛む

 

母性攻撃は、妊娠中や出産したばかりの母猫が見せる威嚇のことです。

 

猫が恐怖を感じることで逃走する「逃走距離」はおよそ2メートル。

 

しかし母猫はもう少し長い距離を持っており、結構離れた場所からでも「カー!」という威嚇をしてくることが多いです。

 

スポンサーリンク

 

不用意に近づくと、わが子を守るために必死に抵抗をし、通常よりも攻撃性が強く本気で噛んでくることもしばしば。

 

母性攻撃は期間限定のもので時期が過ぎれば自然と落ち着くため、特にとがめる必要は全くありません。

 

どうしても神経質になる時期ですから、不用意に近づかないなどの対応をすれば攻撃されることはないでしょう。

 

 

B「縄張り性攻撃」…見知らぬ猫をけん制する

 

猫 噛む

 

猫は単独で狩りをして生活をしてきました。

 

その名残が現代にも残っており、縄張り意識が非常に強いんですね。

 

縄張り性攻撃は、繁殖期のオス猫が自身の縄張り内に違うオス猫を発見した場合や、先住猫のエリアに新しく猫が入ってきた場合などに見られます。

 

対処法としては、去勢手術をすればほとんどの問題が解消できると言われています。

 

もし先住猫がいる家庭で新しく猫を飼育する際には、いきなり対面させるとお互いがけん制し合ってしまうかもしれません。

 

ゆっくり時間をかけて慣れさせるのがいいでしょう。

 

 

C「学習性攻撃」…噛んで撃退することを身につける

 

猫 噛む

 

学習性攻撃は、噛むという行動が結果に結びついたときに起こるものです。

 

たとえば、子供がしつこく猫の足を持ったり、尻尾を踏んだりした際に噛みついてみます。

 

そのときに子供が逃げたとしたら、猫からしてみれば「不快な行動をされたから噛みついたら逃げた。これからもそうしよう。」と学習するのです。

 

この学習を覚えると直すのがとても大変です。

 

猫と遊ぶときはおもちゃを用いるなどして遊ばせたほうがいいでしょう。

 

小さい子供が猫の足や尻尾で不用意に遊ぶことがないようにしてください。

 

 

3.猫の噛む攻撃を減らす方法はある?

 

猫 噛む

 

ここまで、猫が噛む原因について見ていきましたが、どうすれば噛む行動を減らすことができるのでしょうか?

 

猫の性格を決定づける生後3か月〜半年の「社会化期」をいかに過ごすかで噛む行動が増えるか、減るかが決まります。

 

つまり、成猫になってから噛み癖を改善させるのは難しいということです。

 

ですから、社会化期は猫の飼育をどのようにおこなうか計画を立てたほうがいいでしょう。

 

 

まとめ

 

ここでは、猫が噛む攻撃をする原因と対処法について見ていきました。

 

どれも猫を飼っている人なら、思い当たるフシがあるのではないでしょうか?

 

猫はどちらかというと恐れを感じると逃げることが多いです。

 

よほど追い詰められた場合か、怒りが抑えきれなくなったときなど感情が爆発してしまったときに「噛む」という行動を取ってしまうのでしょうね。

 

猫は本来そこまで攻撃性が強くないので、適切にしつけや対応をしていけば攻撃されることはあまりないでしょう。

引き続き、「猫の飼育方法やしつけ方」を紹介していきます↓




他にこんな記事も読まれています

しぐさでわかる「ネコの気持ち」


「猫の飼育方法やしつけ方」人気記事ランキング


猫 噛む
猫の習性を理解して仲良くなろう…猫に見られる習性9つの意味



猫 噛む
トイレサインを見極めよう…猫のトイレを成功させるしつけ方



猫 噛む
猫を長生きさせる秘訣が知りたい…猫の寿命を延ばす4つの方法



猫 噛む
猫を「抱っこ好き」にさせたい…猫が抱っこを嫌う5つの理由



猫 噛む
猫に散歩は必要?猫を散歩させるときに注意すべき4つのポイント



猫 噛む
実は猫にシャンプーは不要?シャンプーが必要な猫の特徴3つと注意点



猫 噛む
猫の飼育方法やしつけ方まとめ



猫 噛む
猫の耳掃除をする前に…猫に適した耳掃除の頻度と正しいやり方



猫 噛む
猫のニオイを消したい…猫が臭いと感じる3つの原因と対処法



猫 噛む
猫にワクチン摂取は本当に必要?猫のワクチン接種のメリットと注意点



猫 噛む
猫は何日ぐらい留守番できる?猫の留守番に必要な4つの準備



猫 噛む
猫の口臭は病気のせい?猫の口臭がキツくなる5つの原因



猫 噛む
猫の発情期の仕組みが凄かった…メス猫の発情期の特徴3つ



猫 噛む
猫がイカを食べると危険?猫にイカを食べさせるとどうなる?



猫 噛む
猫は牛乳を飲んではいけない?牛乳が猫に与える悪影響



猫 噛む
猫を飼うなら知っておこう…猫の飼い方で絶対に重要な5つのこと



猫 噛む
猫が夜中に鳴くのはなぜ?猫の夜中の鳴き声を抑える3つの方法



猫 噛む
猫の肥満が気になる…猫のダイエットを成功させる4つのポイント



猫 噛む
オススメの猫マッサージ…猫の部位別マッサージのやり方と注意点


猫 噛むロシアンブルー
猫 噛む三毛猫
猫 噛むアビシニアン
猫 噛むアメリカンショートヘア
猫 噛むマンチカン
猫 噛むスコティッシュフォールド
猫 噛むノルウェージャンフォレストキャット
猫 噛むシャム猫
猫 噛むペルシャ
猫 噛むソマリ
猫 噛むメインクーン
猫 噛むラグドール
猫 噛むサビ猫