猫にワクチン摂取は本当に必要?猫のワクチン接種のメリットと注意点は?

猫 ワクチン

 

人間には感染しないけど、猫には感染して命に関わる重大な病気をもたらすものがあります。

 

そうした脅威から猫を守るためにも、ワクチンの接種は非常に重要です。

 

では猫にワクチン接種をするにはどうすれば良いのでしょうか?

 

ここでは、猫にワクチンを接種させるメリットと注意点について紹介します。

 

 

1.猫のワクチン摂取のメリットとデメリットは?

 

猫 ワクチン

 

ワクチンには様々な種類がありますが、日本で使用されているのは「不活化ワクチン」「生ワクチン」の2種類です。

 

不活化ワクチンというのは、化学処理などによって殺されたウイルスや細菌を体内に取り入れさせて免疫を付けるものです。

 

すでにウイルスが死んでいるので、増殖はしませんし副作用という心配もありません。

 

スポンサーリンク

 

しかし不活化なので免疫を保持する時間が短いという難点があることを理解しておかなければいけないでしょう。

 

一方、生ワクチンは毒性を弱めた生きているウイルスを使用しているため、体内で増殖するおそれや副作用というデメリットがありますが、同時に獲得免疫力が強いというメリットもあるのです。

 

 

2.猫のワクチン接種を効率的に計画する方法

 

猫 ワクチン

 

免疫力が弱い子猫の頃に患うと命の危険に繋がる重大な病気があります。

 

万が一、そうした病気にかかったとしても、症状を軽減することができるためワクチンの接種はしっかりと行っておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

特に病気にかかりやすい生後6か月未満の子猫や、頻繁に外出をして他の猫と接触する猫には強く推奨されます。

 

ワクチンをどの程度の頻度で打つかという計画は、「ワクチネーションプログラム」と呼ばれており、猫の飼育環境によって変わっていきます。

 

 

3.猫にワクチン接種が推奨される6つの病気

 

猫 ワクチン

 

発生頻度が高い感染症に対しては様々なワクチンが開発されています。

 

多くの感染症が存在しますが、症状の進行具合や致死率などを考えると、下記の病気に関してはすべての猫に受けさせることが推奨されます

 

  1. 猫汎白血球減少症
  2. 猫ウイルス性鼻気管炎
  3. 猫カリシウイルス感染症
  4. 猫エイズウイルス感染症
  5. 猫クラミジア感染症
  6. 猫汎白血球減少症

 

ワクチンの値段はどの種類を打たせるかによって価格が変わります。

 

 

4.猫に必要な「コアワクチン」とは?費用はどのぐらい?

 

猫 ワクチン

 

猫に打たせるワクチンの種類は様々なものが用意されています。

 

特に、発症頻度の高い病気に関しては多くのワクチンが開発されており、その組み合わせによって現在のところ1〜7種に分類されているのです。

 

スポンサーリンク

 

数多くある感染症の中でも、「猫ウイルス性鼻気管炎」、「猫カリシウイルス感染症」、「猫汎白血球減少症」はすべて予防接種をしたほうがいい「コアワクチン」に指定されています。

 

1種ワクチンの料金は平均で4000円、2種以上となると8200円ほどかかるようです。

 

 

5.猫のワクチン接種の時期はいつ?

 

猫 ワクチン

 

ワクチンは1回接種したら一生安心というものではありません。

 

生ワクチンであっても限られたウイルスしか存在していませんので、体が作る免疫はすぐに期限が切れてしまいます。

 

最初にワクチンを接種するタイミングは、母猫から受けた「受動免疫」という一時的な免疫が切れる生後2〜4か月ぐらいの時期です。

 

その後は摂取したワクチンの種類によって、どのタイミングで摂取させるべきかが変わってきます。

 

獣医と相談しながら、プログラム通りに行っていきましょう。

 

先ほど紹介した、「コアワクチン」の接種プログラムは以下のように行われています。

 

  • 生後7週に1回目の接種
  • その後3週間隔で接種
  • 生後16週以降に最終接種
  • 最終接種から6か月後に免疫の強化を目的に摂取
  • その後1〜3年おきに再接種

 

 

6.猫のワクチン摂取後の注意点

 

猫 ワクチン

 

ワクチンを接種したら、その病気には絶対にかからないと思っている人も多いのではないでしょうか?

 

残念ながら、ワクチンを接種したからといってその病気にかからない訳ではありません。

 

人間でもインフルエンザのワクチンを接種をしたのに発症してしまう人がいますよね。

 

また個体差はありますが、生ワクチンを接種した場合は副反応が発生することも珍しくないので、接種後は注意深く観察しましょう

 

代表的な副反応の症状は次の通りです。

 

  • ぐったりする
  • 嘔吐
  • 注射部分の炎症
  • 全身のかゆみ

 

副反応は猫の健康状態などによって大きく変わりますので、元気な場合もあればアナフィラキシーショックが出て重篤な状態になることもあるのです。

 

ワクチン接種をする場合には副反応の影響が少なからずあるという点も考えておかなければいけません。

 

 

まとめ

 

ワクチンの接種は病気にかかる確率を大幅に減らし、症状を軽減させる効果が期待できます。

 

ところが副反応が見られる場合もあるので、メリットばかりではないという点にも注意してくださいね。

 

副反応の発生率が気になる方はワクチン接種に関する情報等を調べておくようにしましょう。

 

ワクチン接種に関しては賛否あるかもしれませんが、コアワクチンに関しては強く推奨されていますので必要性をよく理解して受けることが大切です

引き続き、「猫の飼育方法やしつけ方」を紹介していきます↓




他にこんな記事も読まれています

しぐさでわかる「ネコの気持ち」


「猫の飼育方法やしつけ方」人気記事ランキング


猫 ワクチン
猫の習性を理解して仲良くなろう…猫に見られる習性9つの意味



猫 ワクチン
トイレサインを見極めよう…猫のトイレを成功させるしつけ方



猫 ワクチン
猫を長生きさせる秘訣が知りたい…猫の寿命を延ばす4つの方法



猫 ワクチン
猫を「抱っこ好き」にさせたい…猫が抱っこを嫌う5つの理由



猫 ワクチン
猫に散歩は必要?猫を散歩させるときに注意すべき4つのポイント



猫 ワクチン
実は猫にシャンプーは不要?シャンプーが必要な猫の特徴3つと注意点



猫 ワクチン
猫の飼育方法やしつけ方まとめ



猫 ワクチン
猫の耳掃除をする前に…猫に適した耳掃除の頻度と正しいやり方



猫 ワクチン
猫のニオイを消したい…猫が臭いと感じる3つの原因と対処法



猫 ワクチン
猫にワクチン摂取は本当に必要?猫のワクチン接種のメリットと注意点



猫 ワクチン
猫は何日ぐらい留守番できる?猫の留守番に必要な4つの準備



猫 ワクチン
猫の口臭は病気のせい?猫の口臭がキツくなる5つの原因



猫 ワクチン
猫の発情期の仕組みが凄かった…メス猫の発情期の特徴3つ



猫 ワクチン
猫がイカを食べると危険?猫にイカを食べさせるとどうなる?



猫 ワクチン
猫は牛乳を飲んではいけない?牛乳が猫に与える悪影響



猫 ワクチン
猫を飼うなら知っておこう…猫の飼い方で絶対に重要な5つのこと



猫 ワクチン
猫が夜中に鳴くのはなぜ?猫の夜中の鳴き声を抑える3つの方法



猫 ワクチン
猫の肥満が気になる…猫のダイエットを成功させる4つのポイント



猫 ワクチン
オススメの猫マッサージ…猫の部位別マッサージのやり方と注意点


猫 ワクチンロシアンブルー
猫 ワクチン三毛猫
猫 ワクチンアビシニアン
猫 ワクチンアメリカンショートヘア
猫 ワクチンマンチカン
猫 ワクチンスコティッシュフォールド
猫 ワクチンノルウェージャンフォレストキャット
猫 ワクチンシャム猫
猫 ワクチンペルシャ
猫 ワクチンソマリ
猫 ワクチンメインクーン
猫 ワクチンラグドール
猫 ワクチンサビ猫