猫の喧嘩は止めるべき?猫が喧嘩をする5つの理由と対処法とは?

猫 喧嘩

 

猫の仕草はとても愛くるしく、私たちに癒しを与えてくれますよね。

 

ところが、猫同士で威嚇しあって喧嘩を始める血の気の多い猫も多いです。

 

猫はどうしてこれほど喧嘩をするのでしょうか?

 

ここでは、猫が喧嘩をする5つの理由と喧嘩を止めるべきかどうかについて紹介します。

 

 

1.猫が喧嘩をする5つの理由

 

猫 喧嘩

 

長い間、人間と一緒に生活をしてきた猫ですが、まだすべての行動の意味を解明できているわけではありません。

 

むしろ猫に関して分かっていないことのほうが多く、「どうしてこれほど喧嘩をするのか?」については結論に至っていません。

 

スポンサーリンク

 

ただ、現在のところ猫の喧嘩の理由について考えられている説があるようです。

 

人間から見ると喧嘩だと思ったとしても、猫にとってはお互いの関係性を確認しているだけという場合もあります。

 

では、猫が喧嘩をする主な5つの理由について詳しく見ていきましょう。

 

飼い主の勝手な判断で喧嘩を止めないためにも、理由を正しく知って対応をしていきましょう。

 

 

@多頭飼いをして同じ器に餌を与えている

 

猫 喧嘩

 

完全室内で猫を多頭飼いしていて、いつもは仲良しなのに時々喧嘩をする光景を見ると、飼い主は疑問に思いますよね。

 

「あんなに仲良かったのに、いきなりどうしたんだろう?」

 

こうした光景が見られた場合、もしかしたら食事の時間が関係しているかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

同じ器を利用して複数の猫に餌を与えていませんか?

 

このやり方では、他の猫よりも多く食べてやろうという気持ちになり、少量しか食べられなかった側はストレスが溜まります。

 

この関係性が続くと、ストレスが爆発して喧嘩に結びついてしまうのです。

 

自分の優位性をアピールすることは生存競争に勝つための本能だと考えられているので、喧嘩をしても仕方ありません。

 

エサを必ず1匹ずつ専用の器に与えることで喧嘩をしなくなるでしょう。

 

 

A子孫を残す競争に勝つため

 

猫 喧嘩

 

猫の喧嘩としては、メス猫を求めてオス猫同士がドンパチする光景をよく見ますよね。

 

発情期になると、外の公園などで「ギャーギャー」と甲高い声で騒いでいたりします。

 

これはまさに「子孫を残すための喧嘩」であり、勝者のみがメスと交尾ができるので絶対に負けられません。

 

発情期のオス猫同士の喧嘩は本格的でかなりの攻撃的です。

 

飼い主であっても面白半分で近づくことは止めてくださいね。

 

爪でひっかかかられたら大けがをする恐れもあります。

 

 

B実は「喧嘩ごっこ」をして親愛を育んでいる

 

猫 喧嘩

 

喧嘩をしていると思われる2匹の行動が、実は「喧嘩ごっこ」だという場合は十分に考えられます。

 

喧嘩ごっこで、じゃれ合いをして仲良し関係を築いていこうという、一種のスキンシップなのです。

 

スポンサーリンク

 

本気の喧嘩とじゃれ合いの喧嘩の区別は難しいですが、よく見ると本気ではない雰囲気を感じ取れるでしょう。

 

猫を飼育する経験が豊富な人は、「遊んでいるんだな。」と見た目で判断できるようです。

 

 

C猫同士がマンネリ化を防ぐためにじゃれ合っている

 

猫 喧嘩

 

喧嘩ごっこと少し似ているのですが、喧嘩をしているように見えて実は「関係性の再認識」をしている場合もあるのです。

 

一緒に暮らしている猫同士に頻繁に見られるかもしれません。

 

一緒に暮らすのが当たり前になってくると、人間でも倦怠期が訪れたりしますよね。

 

どうやら猫にも、その傾向があるようで一緒に長く暮らしている猫同士では、倦怠期によるマンネリ化を防ぐために喧嘩のようなじゃれ合いをするようです。

 

これは遊ぶというよりも、「関係性の認識」のためにしていると考えられ、放置しておいても大丈夫でしょう。

 

 

D多頭飼いの他の猫に嫉妬している

 

猫 喧嘩

 

多頭飼いをしていて、飼い主が1匹の猫ばかりに構っていると、放置されている猫は嫉妬を覚えます。

 

嫉妬した猫が、飼い主に構ってもらっている猫に攻撃することがあるのです。

 

ちょっと前までお互い仲良しだったのに、突如として険悪な仲になっているなら飼い主の行動が問題かもしれません。

 

嫉妬を避けるには、どちらの猫に対しても平等に構ってあげることが大切ですが難しい場合もあるでしょう。

 

そんなときは、1匹ずつ違う部屋に呼んで構ってあげるようにしてください。

 

こうすると、一方の猫が見ていないので嫉妬は覚えません。

 

もしくは同時に遊んであげるなどしましょう。

 

猫は単独で生活をしていたので、基本的に他の猫が飼い主にチヤホヤされていても関係ありません。

 

しかし個体によっては甘えん坊な猫もいて嫉妬をしてしまうこともあるのです。

 

 

2.猫の喧嘩は止めたほうがいいの?安全な喧嘩の止め方

 

猫 喧嘩

 

猫の喧嘩を目撃すると、激しい攻防を繰り広げているので怪我をしないか心配になりますよね。

 

喧嘩を止める必要性があるかどうかは、現在のところ明確な答えはありません。

 

人間は人間の社会があるのと同じように、猫にも猫社会があります

 

猫同士のイザコザに人間が関与するべきなのか難しいところです。

 

しかし猫が喧嘩する鳴き声があまりにもうるさい場合は、止めることはやむを得ないでしょう。

 

ただ、喧嘩しているときの猫は野生の本能をむき出しにしているため、手を出して止めようとすると怪我を負う危険性があります。

 

猫の喧嘩を止めるときは風船を割ったり、「わっ!」と大声を出したり、大きく身振りをしたりして気を散らす方法が有効的です。

 

よっぽどの理由がない限りは、人間の考えで猫の喧嘩を止めさせるのはやめましょう。

 

 

まとめ

 

猫の喧嘩には色々な意味が隠されているんですね。

 

本気の喧嘩、親愛を育むじゃれあい、倦怠期を乗り越えるためのお互いの再認識、嫉妬が理由で喧嘩をすることがわかりました。

 

パッと見たかんじではどれも喧嘩のように見えるので、飼い主としては心配になりますが無理に止めるのはやめましょう。

 

喧嘩することも猫が生きる上で必要なことのひとつなのです。

 

人間が思う以上に、猫の喧嘩の仕草には意味があるので飼い主は温かい目で見守ってあげてくださいね。

引き続き、「猫の飼育方法やしつけ方」を紹介していきます↓




他にこんな記事も読まれています

しぐさでわかる「ネコの気持ち」


「猫の飼育方法やしつけ方」人気記事ランキング


猫 喧嘩
猫の習性を理解して仲良くなろう…猫に見られる習性9つの意味



猫 喧嘩
トイレサインを見極めよう…猫のトイレを成功させるしつけ方



猫 喧嘩
猫を長生きさせる秘訣が知りたい…猫の寿命を延ばす4つの方法



猫 喧嘩
猫を「抱っこ好き」にさせたい…猫が抱っこを嫌う5つの理由



猫 喧嘩
猫に散歩は必要?猫を散歩させるときに注意すべき4つのポイント



猫 喧嘩
実は猫にシャンプーは不要?シャンプーが必要な猫の特徴3つと注意点



猫 喧嘩
猫の飼育方法やしつけ方まとめ



猫 喧嘩
猫の耳掃除をする前に…猫に適した耳掃除の頻度と正しいやり方



猫 喧嘩
猫のニオイを消したい…猫が臭いと感じる3つの原因と対処法



猫 喧嘩
猫にワクチン摂取は本当に必要?猫のワクチン接種のメリットと注意点



猫 喧嘩
猫は何日ぐらい留守番できる?猫の留守番に必要な4つの準備



猫 喧嘩
猫の口臭は病気のせい?猫の口臭がキツくなる5つの原因



猫 喧嘩
猫の発情期の仕組みが凄かった…メス猫の発情期の特徴3つ



猫 喧嘩
猫がイカを食べると危険?猫にイカを食べさせるとどうなる?



猫 喧嘩
猫は牛乳を飲んではいけない?牛乳が猫に与える悪影響



猫 喧嘩
猫を飼うなら知っておこう…猫の飼い方で絶対に重要な5つのこと



猫 喧嘩
猫が夜中に鳴くのはなぜ?猫の夜中の鳴き声を抑える3つの方法



猫 喧嘩
猫の肥満が気になる…猫のダイエットを成功させる4つのポイント



猫 喧嘩
オススメの猫マッサージ…猫の部位別マッサージのやり方と注意点


猫 喧嘩ロシアンブルー
猫 喧嘩三毛猫
猫 喧嘩アビシニアン
猫 喧嘩アメリカンショートヘア
猫 喧嘩マンチカン
猫 喧嘩スコティッシュフォールド
猫 喧嘩ノルウェージャンフォレストキャット
猫 喧嘩シャム猫
猫 喧嘩ペルシャ
猫 喧嘩ソマリ
猫 喧嘩メインクーン
猫 喧嘩ラグドール
猫 喧嘩サビ猫