猫と赤ちゃんを同居させる前に必要な準備と注意点は?

猫 赤ちゃん

 

妊娠をしたら出産に向けて準備をしていく必要があります。

 

初めての出産ともなれば、分からないことも多く不安も多いですよね。

 

もし妊娠中に猫を飼育していたら、赤ちゃんが産まれてくるときにどんなことに注意したら良いのでしょうか?

 

ここでは、猫と赤ちゃんを同居させる前の準備と注意点について紹介します。

 

 

1.猫が赤ちゃんとの同居に慣れるための準備

 

猫 赤ちゃん

 

猫は意外にも神経質でストレスを抱えやすい動物です。

 

住み慣れた環境に突然、知らない人がやってくるとストレスを感じて体調を崩してしまうことも少なくありません。

 

スポンサーリンク

 

新しく赤ちゃんを迎え入れるときには、猫にもその環境に慣れてもらう準備が必要です。

 

赤ちゃんを迎え入れる前の準備としては、主に以下のようなものがあります。

 

  • ベビーベッドの設置
  • 猫トイレの場所の変更
  • 家財道具の配置転換
  • 食事の時間の変更

 

事前に、部屋に赤ちゃんがいるかのような環境を作ることで、猫が「こういった暮らしに変わったんだな。」と理解させるのです。

 

いきなり赤ちゃんが登場して急に環境が変わるより、事前に準備しておくほうが猫にとってストレスがかかりにくくなります

 

準備をして、あとは赤ちゃんを迎え入れるだけという状態にするのがベストと言えるでしょう。

 

 

2.赤ちゃんとの同居で猫が安心して生活する方法は?

 

猫 赤ちゃん

 

もしかすると赤ちゃんのニオイや泣き声が、猫にとっては不快で嫌悪感を持つかもしれません。

 

猫は家の中にも、自分が落ち着ける隠れ家を見つける傾向があります。

 

静かな場所に隠れ家を用意してあげて、お気に入りのタオル等を置き、猫が安らげる場所を作ってあげてください。

 

スポンサーリンク

 

さらに事前に赤ちゃんの人形を見せるなどして、泣き声やおもちゃの音を聞かせて慣らしておくというのも一つの方法です。

 

普通はここまでする必要はないと言われますが、神経質で音に敏感な猫の場合は必要になるかもしれません。

 

猫は環境が大きく変わるとストレスを感じ、更に赤ちゃんの泣き声は猫にとって刺激が強い場合があります。

 

無関心な猫であれば問題ありませんが、だいたいの猫はストレスを感じるでしょう。

 

隠れ家を用意してあげれば、ストレス解消に役立つでしょう。

 

 

3.猫と赤ちゃんのご対面で注意すべきこ

 

猫 赤ちゃん

 

産後、猫と赤ちゃんがご対面するときにも注意が必要です。

 

ファーストコンタクトは非常に大事で、多くの猫は赤ちゃんを怖がってしまいます

 

最初に赤ちゃんと猫を会わせるときには、赤ちゃんが寝ているときか、起きていても泣かないとき時が望ましいでしょう。

 

会わせるときには、猫を強制的に赤ちゃんに近づけさせるような行為は絶対にやめてください

 

スポンサーリンク

 

猫が自分のペースで赤ちゃんに近づくのを待ってあげましょう。

 

猫が赤ちゃんに近づいたら、匂いを嗅いだり、周りを回るといった行動をすることが多いです。

 

このときに猫が怖がったらおやつなどで注意を向けるのも手段の一つです。

 

猫は警戒しながら赤ちゃんを調べていますので、いきなり仲良くはなれません。

 

飼い主が無理やり猫と赤ちゃんを仲良くさせようとすると、かえって逆効果になるので注意しましょう。

 

飼い主は決して焦らず、猫と赤ちゃんのご対面を見守ってくださいね

 

 

4.猫と赤ちゃんを仲良くさせるために大事なこ

 

猫 赤ちゃん

 

ファーストコンタクトを終えたら、猫と赤ちゃんが仲良くできるよう促していきましょう。

 

猫が赤ちゃんとの暮らしに慣れてきたようなら、仲良くできる時期かもしれません。

 

猫が赤ちゃんを怖がっているときは、赤ちゃんが泣いているときにわざと猫におやつを与えるなどして、関心を払ってみると効果的です。

 

こうすると、猫は「赤ちゃんは怖くないんだな。」と学習するので、赤ちゃんが泣いていても近づいてきてくれます。

 

飼い主が赤ちゃんの世話ばかりして、赤ちゃんが寝ているときし相手をしなくなると猫は拗ねてしまいます。

 

嫉妬した猫は赤ちゃんをと認識してしまい、ますます猫が赤ちゃんと仲良くしなくなるでしょう。

 

飼い主は赤ちゃんが起きているときでも、猫の相手をするようにしましょう。

 

それが難しければ、猫が入れない部屋などで赤ちゃんの世話をするという風に、猫の視界に入らない場所を利用するようにしてください。

 

これで寂しがり屋の猫も嫉妬をしなくなりますよ。

 

 

5.猫と赤ちゃんの同居で注意すべき感染症

 

猫 赤ちゃん

 

猫と赤ちゃんを同居させるために必要なことについて確認していきました。

 

ここでは、同居する上での注意点について見ていくことにしましょう。

 

猫と赤ちゃんを同居させる上で心配なのが「トキソプラズマ感染症」です。

 

トキソプラズマ感染症は、猫から人へ感染するタイプのもので「人畜共通感染症(ズーノシス)」と呼ばれています。

 

母親がトキソプラズマに感染すると、胎盤から胎児へと感染することが分かっています。

 

赤ちゃんが「先天性トキソプラズマ感染症」になると、重度の障害を持ってしまう恐れがあるので十分に注意が必要です。

 

猫を飼っている人が妊娠をしている場合は以下のことに注意してください

 

  • 猫と一緒に寝ない
  • 猫に口元を舐めさせない
  • 口移しで食べ物を与えない
  • 猫を触ったら必ず手を洗う

 

 

まとめ

 

猫がいる家庭で赤ちゃんを迎え入れるための準備等について見ていきました。

 

出産を控えていたら、猫と赤ちゃんとの生活に不安を感じてしまいますよね。

 

猫が赤ちゃんを受け入れてくれるのか?

 

赤ちゃんが猫から病気をもらってしまわないか?

 

など、赤ちゃんも猫もどちらも大事な存在なだけに、両者共にトラブルがなく安心できる生活を送ってほしいですよね。

 

出産前の事前の準備が大事ですから、こちらの記事を参考にしてできるだけのことはしておきましょうね。

引き続き、「猫の飼育方法やしつけ方」を紹介していきます↓




他にこんな記事も読まれています

しぐさでわかる「ネコの気持ち」


「猫の飼育方法やしつけ方」人気記事ランキング


猫 赤ちゃん
猫の習性を理解して仲良くなろう…猫に見られる習性9つの意味



猫 赤ちゃん
トイレサインを見極めよう…猫のトイレを成功させるしつけ方



猫 赤ちゃん
猫を長生きさせる秘訣が知りたい…猫の寿命を延ばす4つの方法



猫 赤ちゃん
猫を「抱っこ好き」にさせたい…猫が抱っこを嫌う5つの理由



猫 赤ちゃん
猫に散歩は必要?猫を散歩させるときに注意すべき4つのポイント



猫 赤ちゃん
実は猫にシャンプーは不要?シャンプーが必要な猫の特徴3つと注意点



猫 赤ちゃん
猫の飼育方法やしつけ方まとめ



猫 赤ちゃん
猫の耳掃除をする前に…猫に適した耳掃除の頻度と正しいやり方



猫 赤ちゃん
猫のニオイを消したい…猫が臭いと感じる3つの原因と対処法



猫 赤ちゃん
猫にワクチン摂取は本当に必要?猫のワクチン接種のメリットと注意点



猫 赤ちゃん
猫は何日ぐらい留守番できる?猫の留守番に必要な4つの準備



猫 赤ちゃん
猫の口臭は病気のせい?猫の口臭がキツくなる5つの原因



猫 赤ちゃん
猫の発情期の仕組みが凄かった…メス猫の発情期の特徴3つ



猫 赤ちゃん
猫がイカを食べると危険?猫にイカを食べさせるとどうなる?



猫 赤ちゃん
猫は牛乳を飲んではいけない?牛乳が猫に与える悪影響



猫 赤ちゃん
猫を飼うなら知っておこう…猫の飼い方で絶対に重要な5つのこと



猫 赤ちゃん
猫が夜中に鳴くのはなぜ?猫の夜中の鳴き声を抑える3つの方法



猫 赤ちゃん
猫の肥満が気になる…猫のダイエットを成功させる4つのポイント



猫 赤ちゃん
オススメの猫マッサージ…猫の部位別マッサージのやり方と注意点


猫 赤ちゃんロシアンブルー
猫 赤ちゃん三毛猫
猫 赤ちゃんアビシニアン
猫 赤ちゃんアメリカンショートヘア
猫 赤ちゃんマンチカン
猫 赤ちゃんスコティッシュフォールド
猫 赤ちゃんノルウェージャンフォレストキャット
猫 赤ちゃんシャム猫
猫 赤ちゃんペルシャ
猫 赤ちゃんソマリ
猫 赤ちゃんメインクーン
猫 赤ちゃんラグドール
猫 赤ちゃんサビ猫