猫の寄生虫は予防できる?猫に感染する5つの寄生虫と症状とは?

猫 寄生虫

 

猫は様々な病気に感染するおそれがあり、常に病に侵されるリスクがあるのです。

 

その病気の中には、寄生虫が体内に侵入することで発症するケースもあるので、飼い主としては注意をしておかなければなりません。

 

では猫に発症する寄生虫にはどんな種類があるのでしょうか?

 

ここでは、猫に感染する主な5つの寄生虫とその症状、予防方法について紹介します。

 

 

猫に感染リスクのある5つの寄生虫

 

猫 寄生虫

 

完全室内飼いで、外猫との接触が一切ない環境であれば、食生活に気を付けてさえいれば寄生虫が体内に侵入することはありません。

 

しかし、要注意なのは外出をする猫です。

 

野良猫との接触や、草むらなどで間接接触することで感染することがあるのです。

 

スポンサーリンク

 

寄生虫に感染すると、主に消化器官に異変が起こり、腹痛や食欲不振、下痢、嘔吐、血便などの症状が見られます。

 

明らかな異常が猫に見られるので、飼い主はよく観察し、おかしいと判断したらすぐに動物病院へ連れて行ってください。。

 

では、猫に感染リスクのある5つの寄生虫と症状について詳しく見ていきましょう。

 

 

1.糞便から感染する「猫回虫」

 

猫 寄生虫

 

猫の寄生虫として、一番有名なのが「猫回虫(ねこかいちゅう)」です。

 

稀に人にも感染することがあり、その場合は「トキソカラ症」という病名になります。

 

スポンサーリンク

 

猫回虫は糞便に入っている卵を経口摂取することによって感染をしますが、猫は糞便を食することはありません。

 

しかし、グルーミングをしている際に誤って糞便を食べてしまい、そこから感染するケースが一番多いようです。

 

生後1か月ほどの免疫力が弱い子猫が感染しやすく、食欲不振や嘔吐、下痢といった症状が特徴的です。

 

 

2.腸壁を吸血する「猫鉤虫」

 

猫 寄生虫

 

細くて白い1cmほどの小さな寄生虫が、「猫鉤虫(ねここうちゅう)」です。

 

小さいからと言って油断はできず、腸の壁を噛みついて吸血するという恐ろしい寄生虫です。

 

吸血する際に、血液が固まらないように特別な物質を出すために出血が中々止まりません

 

下痢や血便を引き起こすとされ、大量に寄生していると貧血を起こす場合もあるようです。

 

 

3.完全な駆除が難しい「コクシジウム」

 

猫 寄生虫

 

コクシジウムは原虫という単細胞寄生虫の仲間に分類されます。

 

腸の細胞内に入り込み、細胞を破壊しながら養分を得て増殖を繰り返すという、ちゃっかりした性質を持っています。

 

スポンサーリンク

 

腸の細胞が破壊されると機能不全に陥り、血便や下痢、食欲不振といった症状が見られます。

 

コクシジウムは完全な駆除が難しい原虫で、免疫力が弱い子猫が感染すると急速に体力を消耗してしまう恐ろしい寄生虫です。

 

 

4.ノミから感染しやすい「瓜実条虫」

 

猫 寄生虫

 

サナダ虫の仲間で、ノミから感染すると言われるのが、「瓜実条虫(うりざねじょうちゅう)」です。

 

節が連なるような独特な容姿をしており、腸にくっつき次々と新しい節を形成していきます。

 

末端の成熟した部分には大量の卵が詰まっており、便の中に出て次の宿主に食べられるのを待つというサイクルで生きています。

 

糞便にまぎれて出た卵はノミの幼虫が食べ、ノミの体内でそのまま成長していきます。

 

そして幼虫が入り込んだノミを、ネコがグルーミングして誤って飲み込むことで寄生するという繰り返し。

 

健康上に特異的な異常が見られることはありません

 

 

5.猫の心臓に寄生する「フィラリア」

 

猫 寄生虫

 

犬だけでなく、猫にも感染の危険がある「フィラリア」です。

 

フィラリアとは、「犬糸状虫(いぬしじょうちゅう)」という寄生虫が、猫の肺動脈に寄生して、様々な症状を引き起こします。

 

犬の心臓に比べて、猫の心臓は小さいので少しの寄生虫でも重症化するケースもあるので油断できません。

 

蚊との接触が多い野良猫が感染しやすく、完全室内飼いの猫はあまり感染しないと言われています。

 

さらに猫の場合、犬とは違って成虫が体内で卵を産み付け子孫を残すことがほとんどありません。

 

そのため、フィラリアの駆除は猫が持つ免疫機能に任せておけば大丈夫なようです。

 

飼い主がするべきことは、再感染の「予防」です。

 

予防としては獣医から「内服薬」を処方してもらいましょう。

 

これは「要指示医薬品」に指定されているので、気軽に購入できないことを理解しておいてください。。

 

 

まとめ

 

猫の健康を脅かす5種類の寄生虫と症状について紹介しました。

 

寄生虫は恐ろしくて厄介ですが、飼い主がしっかりと予防することで感染率は抑えられます。

 

一番の方法は完全室内飼いにして、他の猫や草むら、ノミとの接触を避けることですね。

 

外出をする猫の場合は、外でどのような寄生虫が付着するかわかりません。

 

血便、下痢、食欲不振などが見られたら動物病院に相談するようにしてください。

引き続き、「猫の飼育方法やしつけ方」を紹介していきます↓




他にこんな記事も読まれています

しぐさでわかる「ネコの気持ち」


「猫の飼育方法やしつけ方」人気記事ランキング


猫 寄生虫
猫の習性を理解して仲良くなろう…猫に見られる習性9つの意味



猫 寄生虫
トイレサインを見極めよう…猫のトイレを成功させるしつけ方



猫 寄生虫
猫を長生きさせる秘訣が知りたい…猫の寿命を延ばす4つの方法



猫 寄生虫
猫を「抱っこ好き」にさせたい…猫が抱っこを嫌う5つの理由



猫 寄生虫
猫に散歩は必要?猫を散歩させるときに注意すべき4つのポイント



猫 寄生虫
実は猫にシャンプーは不要?シャンプーが必要な猫の特徴3つと注意点



猫 寄生虫
猫の飼育方法やしつけ方まとめ



猫 寄生虫
猫の耳掃除をする前に…猫に適した耳掃除の頻度と正しいやり方



猫 寄生虫
猫のニオイを消したい…猫が臭いと感じる3つの原因と対処法



猫 寄生虫
猫にワクチン摂取は本当に必要?猫のワクチン接種のメリットと注意点



猫 寄生虫
猫は何日ぐらい留守番できる?猫の留守番に必要な4つの準備



猫 寄生虫
猫の口臭は病気のせい?猫の口臭がキツくなる5つの原因



猫 寄生虫
猫の発情期の仕組みが凄かった…メス猫の発情期の特徴3つ



猫 寄生虫
猫がイカを食べると危険?猫にイカを食べさせるとどうなる?



猫 寄生虫
猫は牛乳を飲んではいけない?牛乳が猫に与える悪影響



猫 寄生虫
猫を飼うなら知っておこう…猫の飼い方で絶対に重要な5つのこと



猫 寄生虫
猫が夜中に鳴くのはなぜ?猫の夜中の鳴き声を抑える3つの方法



猫 寄生虫
猫の肥満が気になる…猫のダイエットを成功させる4つのポイント



猫 寄生虫
オススメの猫マッサージ…猫の部位別マッサージのやり方と注意点


猫 寄生虫ロシアンブルー
猫 寄生虫三毛猫
猫 寄生虫アビシニアン
猫 寄生虫アメリカンショートヘア
猫 寄生虫マンチカン
猫 寄生虫スコティッシュフォールド
猫 寄生虫ノルウェージャンフォレストキャット
猫 寄生虫シャム猫
猫 寄生虫ペルシャ
猫 寄生虫ソマリ
猫 寄生虫メインクーン
猫 寄生虫ラグドール
猫 寄生虫サビ猫