猫が白血病を発症する原因は何?猫の白血病の症状や治療法とは?

猫 白血病

 

人間にとってかなり危険な病気として「白血病」があります。

 

これは猫も例外ではなく、猫だけが感染する白血病が確認されています。

 

猫が白血病を患ったら、どういった症状が起きるのでしょうか?

 

ここでは、猫が白血病に感染する原因と対処法について紹介します。

 

 

猫が白血病にかかる原因

 

猫 白血病

 

猫が白血病になる原因は、「猫白血病ウイルス」に感染してしまうことです。

 

猫白血病ウイルスが体内に侵入すると、急激ににウイルスが増えて発症します。

 

スポンサーリンク

 

「猫白血病ウイルス」はRNAウイルスというもので、感染している猫の唾液や血液、涙といった体液に含まれています

 

感染ルートは、経口や経鼻感染、さらには母猫が子猫を出産する際に母子感染します。

 

このウイルスは猫の体内でしか増殖しませんので、他の動物に感染することはほとんどないようです

 

猫白血病ウイルスに感染すると1か月ほどの時間をかけて口や血液、リンパ、骨髄という順に冒されていきます。

 

 

猫の白血病の症状はどのように進行するのか?

 

猫 白血病

 

猫の白血病は以下のように症状が進行していきます。

  1. 経口・経鼻から感染したウイルスが、扁桃腺リンパ節などの限られた場所で増殖をする
  2. 循環血液中に存在するリンパ球などによって、全身へウイルスが運ばれていく
  3. 膵臓や消化管に存在するリンパ組織内で増殖していく
  4. 骨髄内において増殖し、小腸のリンパ組織においても感染が見られるようになる
  5. ウイルスを含んでいる「好中球」や「血小板」といったものが、骨髄から放出されて「ウイルス血症」を引き起こす
  6. 涙腺や唾液腺といった組織にウイルスが含まれ、他の猫に感染する

 

スポンサーリンク

 

健康な猫であれば、体内のリンパ節にウイルスが移動する前にウイルスを排除することができるので問題はありません。

 

ところが免疫力が弱い生後間もない子猫の時期に感染すると、致死率はほぼ100%、離乳期でも50%と非常に高くなります。

 

感染が進行すると、大半は二次的な病気を患ってしまい3年以内には死んでしまうほど恐ろしい病気なのです。

 

 

猫の白血病の症状

 

猫 白血病

 

猫に感染する白血病ですが、どのような症状が見られるのでしょうか。

 

猫の白血病の症状は、進行状況によって違いがあります。

 

急性期と慢性期の2つの時期の症状を詳しく見ていきましょう。

 

 

1.急性期症状

 

急性期症状は感染して1か月ぐらいから見られます。

 

口やのどのリンパ節や血中から侵入してきたウイルスが影響して、急性期の症状が発生するのです。

 

主な症状は次の通りです。

  • 食欲不振
  • 体重減少
  • 貧血
  • 下痢
  • 発熱
  • 口内炎
  • 鼻水

 

 

2.慢性期症状

 

急性期の症状を乗り越えた猫であっても、ウイルスを完全に排除できていなければ、体内に潜伏しているウイルスが2年後ぐらいに再び活性化します。

 

その場合の症状としては以下のようなものがあります。

  • リンパ腫
  • 慢性口内炎
  • 再生不良性貧血
  • 白血球減少症

蒸気のような病気を引き起こす恐れがあり、猫白血病ウイルスに感染していない猫に比べると悪性リンパ腫の発生率が高くなります。

 

 

猫が白血病になる感染ルート

 

猫 白血病

 

怖い猫の白血病ですが、どういった感染ルートがあるのでしょうか?

 

感染の主な原因として、「接触感染」が挙げられています。

 

スポンサーリンク

 

接触感染というのは、ウイルスに感染している猫の唾液が他の猫の口から入り込むという経路を取ります。

 

野良猫であれば、猫同士の喧嘩やじゃれ合いなどによって容易に感染し、室内飼いでも多頭飼いをしていれば感染しやすくなります。

 

もう一つ重要な感染経路として、「垂直感染」があります。

 

これは母猫の体内の胎盤を通って、子猫へウイルスが侵入してくるという母子感染です。

 

 

猫に白血病の疑いがあったらどうする?治療法はあるの?

 

猫 白血病

 

猫の白血病が疑わしい場合は、すぐに動物病院へ連れていきましょう。

 

残念ながら現在のところではウイルスそのものをやっつける薬は存在せず、症状を緩和するという対応しか取れません。

 

症状を緩和し、免疫細胞の活躍によって自然治癒を待つというのが、現在の最善の治療です。

 

そのため、白血病にかからないように「予防」することが一番大切となります。

 

最善の予防法はやはり「完全室内飼い」にすることです。

 

野良猫との接触が感染リスクを高めてしまうので、子猫の頃から他の猫との接触を避けていれば感染することはまずありません。

 

 

まとめ

 

猫にも白血病があるということに驚く人も多いのではないでしょうか。

 

免疫力が弱い子猫のときは致死率が100%近いという大変恐ろしい病気です。

 

しかし、猫の場合は猫白血病ウイルスに感染しなければ発症することはないのです。

 

野良猫などの他の猫との接触を避けることが一番の予防になりますので気を付けてあげてくださいね。

 

風邪のような症状と、口内炎や体重減少などの異常が見られた場合はすぐに動物病院へ連れていきましょう。

引き続き、「猫の飼育方法やしつけ方」を紹介していきます↓




他にこんな記事も読まれています

しぐさでわかる「ネコの気持ち」


「猫の飼育方法やしつけ方」人気記事ランキング


猫 白血病
猫の習性を理解して仲良くなろう…猫に見られる習性9つの意味



猫 白血病
トイレサインを見極めよう…猫のトイレを成功させるしつけ方



猫 白血病
猫を長生きさせる秘訣が知りたい…猫の寿命を延ばす4つの方法



猫 白血病
猫を「抱っこ好き」にさせたい…猫が抱っこを嫌う5つの理由



猫 白血病
猫に散歩は必要?猫を散歩させるときに注意すべき4つのポイント



猫 白血病
実は猫にシャンプーは不要?シャンプーが必要な猫の特徴3つと注意点



猫 白血病
猫の飼育方法やしつけ方まとめ



猫 白血病
猫の耳掃除をする前に…猫に適した耳掃除の頻度と正しいやり方



猫 白血病
猫のニオイを消したい…猫が臭いと感じる3つの原因と対処法



猫 白血病
猫にワクチン摂取は本当に必要?猫のワクチン接種のメリットと注意点



猫 白血病
猫は何日ぐらい留守番できる?猫の留守番に必要な4つの準備



猫 白血病
猫の口臭は病気のせい?猫の口臭がキツくなる5つの原因



猫 白血病
猫の発情期の仕組みが凄かった…メス猫の発情期の特徴3つ



猫 白血病
猫がイカを食べると危険?猫にイカを食べさせるとどうなる?



猫 白血病
猫は牛乳を飲んではいけない?牛乳が猫に与える悪影響



猫 白血病
猫を飼うなら知っておこう…猫の飼い方で絶対に重要な5つのこと



猫 白血病
猫が夜中に鳴くのはなぜ?猫の夜中の鳴き声を抑える3つの方法



猫 白血病
猫の肥満が気になる…猫のダイエットを成功させる4つのポイント



猫 白血病
オススメの猫マッサージ…猫の部位別マッサージのやり方と注意点


猫 白血病ロシアンブルー
猫 白血病三毛猫
猫 白血病アビシニアン
猫 白血病アメリカンショートヘア
猫 白血病マンチカン
猫 白血病スコティッシュフォールド
猫 白血病ノルウェージャンフォレストキャット
猫 白血病シャム猫
猫 白血病ペルシャ
猫 白血病ソマリ
猫 白血病メインクーン
猫 白血病ラグドール
猫 白血病サビ猫