猫風邪は自然治癒するの?猫が風邪をひく主な原因3つと対処法とは?

猫 風邪

 

人間が風邪を引くように、猫も風邪を引きます。

 

猫は人間のように症状を訴えることはできませんので、飼い主がきちんと猫を観察することが風邪の早期発見に繋がります。

 

では、猫が風邪を引いたかどうか、どうやって見分ければ良いのでしょうか?

 

ここでは、猫が風邪をひく3つの主な原因と対処法について紹介します。

 

 

猫が風邪をひく3つの原因

 

猫 風邪

 

猫が風邪を引いたときの症状は、感染した細菌やウイルスによって多少異なります。

 

では、猫に風邪の症状があらわれる細菌やウイルスにはどのようなものがあるのでしょうか。

 

成猫よりも子猫のほうが感染しやすいので注意してくださいね。

 

それでは、猫が風邪をひく原因やウイルスについて詳しく見ていきます。

 

 

1.ヘルペスウイルス

 

猫 風邪

 

ヘルペスウイルスに感染するのは、母親からの抗体の効力が切れる生後2〜3か月齢の子猫が多いと言われています。

 

感染すると、鼻水や鼻づまり、目やに、くしゃみの連発、激しい咳や発熱といった諸症状が見られます。

 

これらは通常とは明らかに状態が違うので、発症したらほとんどの飼い主は異変に気付くことでしょう。

 

スポンサーリンク

 

放置すると治りが悪くなり、症状が悪化する危険性もあるので、風邪だと判断したら早めに動物病院へ行ましょう。

 

感染する原因は、主に「接触感染」です。

 

ウイルスに感染した猫のよだれや鼻水から感染する場合が多いと言われ、くしゃみや猫同士のグルーミング、食器の共有などが原因となります。

 

残念ながら、ヘルペスウイルスを死滅させる薬はありませんので対処療法(現れた症状に対する治療)をおこなっていきます。

 

 

2.カリシウイルス

 

猫 風邪

 

カリシウイルスに感染したら、「猫カリシウイルス感染症」という名称がつき、子猫から成猫であっても患いやすい風邪です。

 

鼻水と目やに、くしゃみと食欲不振から発熱といった症状がメインです。

 

さらに口の中や舌に腫瘍ができるので、よだれの発生が多くなったり、腫瘍が膿むことで口臭がキツくなります。

 

猫の「風邪」としてカリシウイルスが広く知られるているのは「感染力の強さ」にあります。

 

スポンサーリンク

 

実験では、乾燥した環境下にウイルスを置いたらなんと3週間も生存していたようです。

 

それだけ生命力が強いウイルスなので、猫の体内に侵入したら爆発的に増殖して症状を引き起こしてしまうでしょう。

 

生後10週ぐらいの猫は、母猫から受け継いだ免疫力が弱まってくるので非常に感染しやすいです。

 

しかし、3歳を過ぎると症状が軽い傾向が見られます。

 

ウイルスに感染した猫との接触や、空気感染が主な感染ルートとなります。

 

完全室内飼いの猫の場合は感染率が低くなるので、冬の時期は外へ連れ出すのを控えたほうがいいかもしれませんね。

 

 

3.クラミジア細菌

 

猫 風邪

 

クラミジアという細菌に感染することで、猫が風邪を引くケースも多いです。

 

クラミジアに感染すると、結膜炎やくしゃみ、咳、鼻水といった症状が出てきます。

 

結膜炎になると、目やにが多く発生してかゆそうな仕草をするので、そこで異常に気づくこともあるようです。

 

クラミジアはすぐに治るものではなくしつこい菌なので、点眼薬などを処方してもらうなどの治療が必要になります。

 

 

猫の風邪の感染ルートは?

 

猫 風邪

 

猫が風邪を引く原因となるウイルスや菌は、どこから侵入してくるのでしょうか?

 

代表される猫風邪のほとんどは、人間と同じように感染している猫にうつされて発症します。

 

スポンサーリンク

 

風邪に感染している猫のくしゃみや咳、鼻水や目やになどには大量の細菌やウイルスが含まれており、他の猫がそれに触れることで感染するのが一般的です。

 

ヘルペスウイルスなどに感染した場合は、免疫機能が上手に働いてウイルスの数を激減させたとします。

 

しかし、すべてを根絶できず「キャリア状態」になる場合があるのです。

 

こうなると猫の免疫力や体力が落ちたときに再び症状が現れることが多く見られるのです。

 

 

猫の風邪を予防するワクチンはあるの?

 

猫 風邪

 

猫の風邪を予防するには、子猫の頃から面倒くさがらずにワクチンの接種を行うようにしてください。

 

感染を防ぐことができれば、違う猫に対して感染を広げるようなことはありませんし、逆に貰う心配もなくなります。

 

予防接種は早めのうちから行っておくことが効果を発揮するそうなので、できるだけ早くに接種をしましょう。

 

 

猫の風邪は自然治癒でいいの?!

 

猫 風邪

 

猫の免疫力が強ければ、もし風邪を引いても自然治癒すると言われています。

 

ところが、子猫や老猫のように免疫力が低い状態で風邪を引くと、自然治癒が遅れて肺炎など別の病気を引き起こす心配があるのです。

 

自然治癒できる体力があれば無理に病院へ行く必要はありませんが、免疫力が弱っている猫の場合は動物病院へ連れていくほうがいいでしょう。

 

猫の医学的研究は進んでおり、症状に応じて適切な薬を投与してもらえます。

 

治療開始から2週間もすれば健康な体に戻れるようです。

 

 

まとめ

 

ここでは、猫の風邪について見ていきました。

 

人間と同じように、猫も子猫のほうが風邪を引きやすいです。

 

子猫は免疫力や体力が低いのでウイルスや細菌感染を起こしやすいのは仕方ありませんよね。

 

猫風邪は主に3つのウイルスが原因となり、接触感染や飛沫感染が主な感染ルートです。

 

なるべく野良猫との接触を控え、予防することが望ましいでしょう。

 

子猫のあいだは、飼い主がしっかりと観察をして異常がないかを確認してあげるようにしてください。

引き続き、「猫の飼育方法やしつけ方」を紹介していきます↓




他にこんな記事も読まれています

しぐさでわかる「ネコの気持ち」


「猫の飼育方法やしつけ方」人気記事ランキング


猫 風邪
猫の習性を理解して仲良くなろう…猫に見られる習性9つの意味



猫 風邪
トイレサインを見極めよう…猫のトイレを成功させるしつけ方



猫 風邪
猫を長生きさせる秘訣が知りたい…猫の寿命を延ばす4つの方法



猫 風邪
猫を「抱っこ好き」にさせたい…猫が抱っこを嫌う5つの理由



猫 風邪
猫に散歩は必要?猫を散歩させるときに注意すべき4つのポイント



猫 風邪
実は猫にシャンプーは不要?シャンプーが必要な猫の特徴3つと注意点



猫 風邪
猫の飼育方法やしつけ方まとめ



猫 風邪
猫の耳掃除をする前に…猫に適した耳掃除の頻度と正しいやり方



猫 風邪
猫のニオイを消したい…猫が臭いと感じる3つの原因と対処法



猫 風邪
猫にワクチン摂取は本当に必要?猫のワクチン接種のメリットと注意点



猫 風邪
猫は何日ぐらい留守番できる?猫の留守番に必要な4つの準備



猫 風邪
猫の口臭は病気のせい?猫の口臭がキツくなる5つの原因



猫 風邪
猫の発情期の仕組みが凄かった…メス猫の発情期の特徴3つ



猫 風邪
猫がイカを食べると危険?猫にイカを食べさせるとどうなる?



猫 風邪
猫は牛乳を飲んではいけない?牛乳が猫に与える悪影響



猫 風邪
猫を飼うなら知っておこう…猫の飼い方で絶対に重要な5つのこと



猫 風邪
猫が夜中に鳴くのはなぜ?猫の夜中の鳴き声を抑える3つの方法



猫 風邪
猫の肥満が気になる…猫のダイエットを成功させる4つのポイント



猫 風邪
オススメの猫マッサージ…猫の部位別マッサージのやり方と注意点


猫 風邪ロシアンブルー
猫 風邪三毛猫
猫 風邪アビシニアン
猫 風邪アメリカンショートヘア
猫 風邪マンチカン
猫 風邪スコティッシュフォールド
猫 風邪ノルウェージャンフォレストキャット
猫 風邪シャム猫
猫 風邪ペルシャ
猫 風邪ソマリ
猫 風邪メインクーン
猫 風邪ラグドール
猫 風邪サビ猫