猫の口臭は病気のせい?猫の口臭がキツくなる5つの原因とは?

猫 口臭

 

猫を飼っている人なら、誰もが経験したことがある「口臭」の悩み。

 

生臭かったり、卵が腐ったようなニオイがする場合もあり、ちょっとキツイですよね。

 

そもそも、猫はどうして口臭がキツくなってしまうのでしょうか?

 

ここでは、猫の口臭がキツくなる5つの原因について紹介します。

 

 

猫の口臭は餌のニオイ?それとも病気なの?

 

猫 口臭

 

猫の口臭が生臭いときは餌が関係している可能性が大きいです。

 

猫缶などのタイプは、ドライフードではないので生臭いニオイがしてしまうので仕方がありません。

 

スポンサーリンク

 

口臭がキャットフードのようなニオイがしているのであれば、たとえ生臭かったとしても健康上の心配はなさそうです。

 

むしろ注意しなければならないのは明らかにキャットフードとは違った口臭がする場合です。

 

こうなると病気や口内トラブルが十分に考えられる訳です。

 

 

猫の口臭が発生する5つの原因

 

猫 口臭

 

キャットフードとは違うニオイがする口臭には、いくつか原因があります。

 

キャットフードを変更しても、根本が改善できなければ変化はありません。

 

そして「よだれ」を頻繁に出すようであれば、これが口臭を悪化させることが多いです。

 

では、猫の口臭が発生する5つの原因について詳しく見ていきましょう。

 

 

1.「歯周病」により歯肉に炎症を起こしている

 

猫 口臭

 

口臭の原因と考えられる歯周病とは、歯垢が歯にべったりとくっついてしまい、歯肉が炎症を起こすことです。

 

人間の歯周病と仕組みが似ており、歯を清潔にしていないと起こりやすく、多くの猫に見られる症状です。

 

猫が歯周病になると、中々治りにくいので早めの対応が必須でしょう。

 

スポンサーリンク

 

ウエットタイプのキャットフードは歯垢が残りやすいと言われているので、ドライフードに変えてみるといいかもしれません。

 

歯磨き作用があるドライフードもあるので、歯周病で口臭を発生させているのであれば検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

2.「口内炎」などの口内トラブルがある

 

猫 口臭

 

口内トラブルで真っ先に思いつくのが、「口内炎」ですね。

 

猫も口内炎を発症させることがあり、腐った卵のような口臭を発してしまいます。

 

口内炎は、口内の傷、ストレス、胃腸炎など様々な原因によって起こります。

 

口内炎になると、よだれの量が明らかに増えますし、痛むためにエサをあまり食べなくなります。

 

飼い主からは「食欲不振?」と感じてしまいますが、実際は食欲はあるけど痛くて食べられないという、猫にとってはかなりツライ状態です。

 

飼い主が口内をチェックして、問題がないかどうかを常に観察するようにしてください。

 

 

3.猫風邪によって胃腸の調子が悪くなる

 

猫 口臭

 

意外に思う人も多いですが、猫も風邪を引きます。

 

多くの風邪が、「猫ヘルペスウイルス感染症」と呼ばれるタイプに分類され、発熱や腹痛、下痢や嘔吐といった諸症状を見せます。

 

胃腸の調子が悪くなることで口臭がヒドくなってしまうのです。

 

スポンサーリンク

 

また、「猫カリシウイルス」と呼ばれるウイルスに感染すると、より症状が重くなっていきます。

 

更に口内炎や、歯肉炎という口内トラブルが発生するのでよだれも多くなり、必然的に口臭が悪化していくのです。

 

風邪を治せば口臭も無くなりますので、病院で診察を受けて適切な治療を受けるようにしてください。

 

 

4.ストレス等によって内臓疾患を患っている

 

猫 口臭

 

猫は生活環境が少し変わるだけで、大きなストレスを受けてしまいます。

 

飼い主にとっては大したことない変化でも、猫にとっては大きな出来事となるかもしれません。

 

飼い主が気づかないまま、こうしたストレスを猫に与え続けていると、胃腸に負担をかけ内臓疾患を引き起こす恐れがあります。

 

胃腸の調子が悪くなると、口臭がヒドくなるのは人間でも同じですよね。

 

胃腸の不良で愛猫の口臭がキツイのも納得できるでしょう。

 

猫の生活環境を変えたりしていませんか?

 

もし心当たりがあるなら、以前の状態に戻したほうが良いかもしれませんよ。

 

 

5.高齢による免疫力低下で口内細菌が増える

 

猫 口臭

 

動物医療技術の発達や、栄養バランスの整ったキャットフードが登場したおかげで猫の寿命は延び続けています

 

昔は10年生きるのがやっとだったのに、今では20年も生きる猫もいるというので驚きですね。

 

しかし高齢になれば、猫であっても免疫力の低下は否めません。

 

今までは免疫細胞が細菌を撃退してくれましたが、高齢になると防ぎきれずに増殖させてしまうのです。

 

口内トラブルが高齢猫に多いのは免疫力の低下が原因と考えられており、高齢というだけで口臭がキツくなってしまうのかもしれません。

 

 

まとめ

 

猫の口臭の原因について主に5つをご説明しました。

 

猫の口臭がエサのニオイとは明らかに違う場合は、何かしらの原因があるので飼い主は把握することが大切です。

 

歯周病のケアは老猫になってからでは遅いので、早め早めの対応を心掛けていきましょう。

 

口内炎、猫風邪、ストレス等による内臓疾患にも注意し、症状が見られた場合は早めに対応することが肝心です。

 

お口のトラブル予防は人間だけでなく、猫にとっても大切なケアであることを認識してくださいね。

引き続き、「猫の飼育方法やしつけ方」を紹介していきます↓




他にこんな記事も読まれています

しぐさでわかる「ネコの気持ち」


「猫の飼育方法やしつけ方」人気記事ランキング


猫 口臭
猫の習性を理解して仲良くなろう…猫に見られる習性9つの意味



猫 口臭
トイレサインを見極めよう…猫のトイレを成功させるしつけ方



猫 口臭
猫を長生きさせる秘訣が知りたい…猫の寿命を延ばす4つの方法



猫 口臭
猫を「抱っこ好き」にさせたい…猫が抱っこを嫌う5つの理由



猫 口臭
猫に散歩は必要?猫を散歩させるときに注意すべき4つのポイント



猫 口臭
実は猫にシャンプーは不要?シャンプーが必要な猫の特徴3つと注意点



猫 口臭
猫の飼育方法やしつけ方まとめ



猫 口臭
猫の耳掃除をする前に…猫に適した耳掃除の頻度と正しいやり方



猫 口臭
猫のニオイを消したい…猫が臭いと感じる3つの原因と対処法



猫 口臭
猫にワクチン摂取は本当に必要?猫のワクチン接種のメリットと注意点



猫 口臭
猫は何日ぐらい留守番できる?猫の留守番に必要な4つの準備



猫 口臭
猫の口臭は病気のせい?猫の口臭がキツくなる5つの原因



猫 口臭
猫の発情期の仕組みが凄かった…メス猫の発情期の特徴3つ



猫 口臭
猫がイカを食べると危険?猫にイカを食べさせるとどうなる?



猫 口臭
猫は牛乳を飲んではいけない?牛乳が猫に与える悪影響



猫 口臭
猫を飼うなら知っておこう…猫の飼い方で絶対に重要な5つのこと



猫 口臭
猫が夜中に鳴くのはなぜ?猫の夜中の鳴き声を抑える3つの方法



猫 口臭
猫の肥満が気になる…猫のダイエットを成功させる4つのポイント



猫 口臭
オススメの猫マッサージ…猫の部位別マッサージのやり方と注意点


猫 口臭ロシアンブルー
猫 口臭三毛猫
猫 口臭アビシニアン
猫 口臭アメリカンショートヘア
猫 口臭マンチカン
猫 口臭スコティッシュフォールド
猫 口臭ノルウェージャンフォレストキャット
猫 口臭シャム猫
猫 口臭ペルシャ
猫 口臭ソマリ
猫 口臭メインクーン
猫 口臭ラグドール
猫 口臭サビ猫