猫の皮膚病の症状は?猫が皮膚病になる5つの原因と対処法は?

猫 皮膚病

 

猫をいくらキレイにしても、体にはダニやノミ、雑菌などが住み着いてしまいます。

 

これは人間も同じなので、ある程度は仕方ないと思って一緒に生活するしかありません。

 

ところが猫は雑菌等によって皮膚病を患う場合があるのです。

 

皮膚病を発生させる原因には、どういったものがあるのでしょうか?

 

ここでは、猫に皮膚病が起こる5つの原因と対処法について紹介していきます。

 

 

猫に皮膚病が起こる5つの原因

 

猫 皮膚病

 

猫が皮膚病を患う原因としては、全身を毛に覆われているために雑菌やダニ、ノミなどがつきやすいという点があるでしょう。

 

猫は自分で毛づくろいをするキレイ好きな動物ですが、毎日お風呂に入るわけではないので除去しきれないのかもしれません。

 

やはり飼い主としては、猫が皮膚病になる原因を把握しておくべきでしょう。

 

では、猫に皮膚病が起こる5つの原因を詳しく見ていきましょう。

 

 

1.寄生虫が住みつく

 

猫 皮膚病

 

猫に頻繁に見られる皮膚病の原因として、「寄生虫」によるものがあります。

 

猫に付く寄生虫の種類を2つ挙げていきます。

 

 

「疥癬虫」・・・激しいかゆみが特徴的

 

疥癬(かいせん)というダニが寄生すると、激しいかゆみや炎症を起こし、猫がかなりかゆそうにしてくるのです。

 

猫と猫の接触によって容易に移り、耳から頭部、さらに顔面にかけて脱毛するという症状も特徴的でしょう。

 

皮膚表面が化膿することもあるので、疥癬に見られる症状が出たらすぐに病院へ行き適切な治療を受けるようにしてください。

 

スポンサーリンク

 

「シラミ」・・・毛根に卵を産みつける

 

シラミは毛やフケといったものを餌として成長し、多くの卵を毛根付近に産み付けます

 

毛根付近は猫のセルフグルーミングでも完璧に除去できないので、卵は成長を続けて孵化し、成長していきます。

 

吸血するシラミもいますので、血を吸われすぎることで猫自身が貧血になる恐れもあるのですぐに治療が必要です。

 

 

2.真菌(カビ)に感染する

 

猫 皮膚病

 

真菌というのは一種のカビです。

 

猫が真菌の感染によって発症するのが、「皮膚糸状菌症」と呼ばれる皮膚病です。

 

糸状菌というのは、人間の水虫で、感染経路は間接的な接触や自身の体が不衛生になっていることで起こります。

 

スポンサーリンク

 

人間と違ってあまりかゆみはなく、感染した場所が赤く腫れたり、円形に近い脱毛が見られるといった特徴を持っています。

 

2次感染が起きると更に炎症が強くなるので、症状に気づいたら念のため動物病院へ連れていきましょう。

 

 

3.「スタッドテイル」を発症する

 

猫 皮膚病

 

スタッドテイルという皮膚病は、あまり聞いたことがありませんよね?

 

これは皮脂腺から分泌物が毛に付着した状態が続き、分泌腺に細菌が繁殖することで炎症を起こす皮膚炎です。

 

代謝が活発で皮脂腺からの分泌量が多い若いオス猫に多く見られる皮膚病です。

 

テストステロンと呼ばれるホルモンが、皮脂分泌量を促すと言われているので、去勢手術をしていないオス猫のほうが発症率が高いと言われます。

 

発情期に特にひどくなる傾向がありますが、時期的なものでそれを過ぎると自然と落ち着きます。

 

 

4.猫のアレルギー性皮膚炎

 

猫 皮膚病

 

人間にアレルギー性皮膚炎があるように猫にもアレルギーがあります。

 

それに伴って皮膚病を発症するケースも少なくありません。

 

アレルギーと一言で表現していますが、原因物質は様々あります。

 

スポンサーリンク

 

アレルギー性皮膚炎はかゆみもそうですが、脱毛や炎症、膿などの症状が見られ、重症化すると全身に発疹が出るほどです。

 

猫がどんなアレルゲン物質に反応するかが分かれば、「触れさせない、近づかせない」などの注意をすれば発症を防げます。

 

 

5.ストレスによって毛を舐め過ぎる

 

猫 皮膚病

 

人間と同様に猫もストレスを多く感じると、様々な悪影響があります。

 

ストレスが原因で皮膚病が起こることもあるのです。

 

代表的なのは、「皮膚炎」ですね。

 

猫はストレスを多く感じると毛を舐めすぎる傾向があり、毛が抜けた部分も執拗に舐めてしまいます。

 

こうなると、皮膚がただれてしまい皮膚炎を生じさせてしまうのです。

 

猫は生活環境が少々変わるだけで、多大なストレスを感じてしまいます。

 

猫が生活する環境を大きく変えることは、なるべく避けるようにしましょう。

 

 

まとめ

 

猫の皮膚病の原因5つについて見ていきました。

 

猫も様々な皮膚病を患うリスクを抱えていることが分かりますよね。

 

寄生虫、真菌、スタッッドテイルなどによる皮膚病は炎症を起こしてしまうので、ひどくならないうちに対応するようにしましょう。

 

また、もともとの皮膚病の原因はなくても、猫はストレスによって毛が抜けるほど舐めてしまう行動を取ることがあるようです。

 

飼い主は、毎日猫を観察して皮膚に異変がないかどうかをチェックするようにしてくださいね。

引き続き、「猫の飼育方法やしつけ方」を紹介していきます↓




他にこんな記事も読まれています

しぐさでわかる「ネコの気持ち」


「猫の飼育方法やしつけ方」人気記事ランキング


猫 皮膚病
猫の習性を理解して仲良くなろう…猫に見られる習性9つの意味



猫 皮膚病
トイレサインを見極めよう…猫のトイレを成功させるしつけ方



猫 皮膚病
猫を長生きさせる秘訣が知りたい…猫の寿命を延ばす4つの方法



猫 皮膚病
猫を「抱っこ好き」にさせたい…猫が抱っこを嫌う5つの理由



猫 皮膚病
猫に散歩は必要?猫を散歩させるときに注意すべき4つのポイント



猫 皮膚病
実は猫にシャンプーは不要?シャンプーが必要な猫の特徴3つと注意点



猫 皮膚病
猫の飼育方法やしつけ方まとめ



猫 皮膚病
猫の耳掃除をする前に…猫に適した耳掃除の頻度と正しいやり方



猫 皮膚病
猫のニオイを消したい…猫が臭いと感じる3つの原因と対処法



猫 皮膚病
猫にワクチン摂取は本当に必要?猫のワクチン接種のメリットと注意点



猫 皮膚病
猫は何日ぐらい留守番できる?猫の留守番に必要な4つの準備



猫 皮膚病
猫の口臭は病気のせい?猫の口臭がキツくなる5つの原因



猫 皮膚病
猫の発情期の仕組みが凄かった…メス猫の発情期の特徴3つ



猫 皮膚病
猫がイカを食べると危険?猫にイカを食べさせるとどうなる?



猫 皮膚病
猫は牛乳を飲んではいけない?牛乳が猫に与える悪影響



猫 皮膚病
猫を飼うなら知っておこう…猫の飼い方で絶対に重要な5つのこと



猫 皮膚病
猫が夜中に鳴くのはなぜ?猫の夜中の鳴き声を抑える3つの方法



猫 皮膚病
猫の肥満が気になる…猫のダイエットを成功させる4つのポイント



猫 皮膚病
オススメの猫マッサージ…猫の部位別マッサージのやり方と注意点


猫 皮膚病ロシアンブルー
猫 皮膚病三毛猫
猫 皮膚病アビシニアン
猫 皮膚病アメリカンショートヘア
猫 皮膚病マンチカン
猫 皮膚病スコティッシュフォールド
猫 皮膚病ノルウェージャンフォレストキャット
猫 皮膚病シャム猫
猫 皮膚病ペルシャ
猫 皮膚病ソマリ
猫 皮膚病メインクーン
猫 皮膚病ラグドール
猫 皮膚病サビ猫