猫が妊娠した時に必要なことは?猫の妊娠・出産のための準備と注意点

猫 妊娠

 

飼っている猫が妊娠したら今までとは違った生活環境が必要となります。

 

人間とは異なる妊娠期間を送るので、それに合わせた考えが大切になってきます。

 

では猫が妊娠をしたら、どんな点に注意を向けるべきなのでしょうか?

 

ここでは、猫の妊娠・出産に向けての準備や注意点について紹介します。

 

 

1.猫の妊娠期間はどれぐらい?

 

猫 妊娠

 

猫の妊娠期間はおよそ65日程度だと言われています。

 

人間に比べると猫は妊娠から出産までが早いので、かなりバタバタするでしょうね。

 

スポンサーリンク

 

妊娠期における母猫の変化は以下の通りです。

 

  1. 妊娠20日目:食欲の低下や乳首の色に変化が生じる
  2. 妊娠40日目:食欲が増して体重が増加するのと同時に活動量が減る
  3. 妊娠50日目:胎動を感じ取ることが可能
  4. 妊娠60日目:分娩の24時間前になると食欲が急激に低下する

 

 

分娩直前になると母猫の行動が以下のように変化してきます。

 

  • 警戒心が非常に強くなる
  • 陰部や乳房付近を頻繁にグルーミングする
  • 落ち着きがなくなる
  • 攻撃的になる
  • 排便姿勢を取るが何も出てこない

 

 

2.猫の出産に適した場所

 

猫 妊娠

 

分娩が近づくと人とのふれあいを求める猫もいれば、寄せ付けないで離れてしまうタイプもいます。

 

メス猫は安心して出産できる場所を求めて周囲の探索を開始するようです。

 

スポンサーリンク

 

理想的な出産場所は周囲が壁や家具などで囲まれており、暗くて乾燥している所です。

 

他のメス猫と共同生活している野良猫の場合は、他のメスと巣を共有することもあるのだとか。

 

飼い主は猫の変化を見極めて妊娠がどこまで進んでいるのかを把握しておきましょう

 

 

3.猫の妊娠で通常とは異なる3つの現象

 

猫 妊娠

 

猫が妊娠期に入ると、そのときにしか見られない特有の現象があります。

 

飼い猫に妊娠の兆候があったら以下のことがないかどうか注意深く観察するようにしましょう。

 

では、猫の妊娠で通常とは異なる3つの現象について詳しく見ていきましょう。

 

 

@子宮内で胎子が死亡する「退子吸収」

 

猫 妊娠

 

子宮内で胎子が死亡し、母体内にて吸収されてしまう状態を指します。

 

タウリンという必須栄養素が不足する過程で発生すると言われています。

 

 

A妊娠したような状態になる「偽妊娠」

 

猫 妊娠

 

交尾をしたのに妊娠に至らなかったメス猫に見られる現象が、偽妊娠(ぎにんしん)です。

 

まるで妊娠したかのように、母乳を分泌したり陣痛の徴候を見せるといった行動が見られます。

 

犬に比べて猫は偽妊娠をする可能性がとても低いと言われていますが、中にはそのような状態になる猫もいるようです。

 

 

B父親違いの子を妊娠する「異期複妊娠」

 

猫 妊娠

 

猫は交尾の刺激によって排卵が起こる、「交尾排卵動物」です。

 

妊娠中に違うオス猫と交尾をすると、お腹の中に父親の異なる子猫を同時に育てることがあります

 

これは猫が一度に複数の排卵をすることで起こりえるのです。

 

 

4.猫の出産準備に必要なもの

 

猫 妊娠

 

妊娠が進んできたら、出産するための準備をしていきましょう。

 

出産が近くなると母猫は警戒心がとても強くなります。

 

スポンサーリンク

 

周囲から危険と感じられるものを取り除き、安心して出産ができるように「産箱」を用意します。

 

場所は暗くて落ち着けるところを確保し、段ボールなどを横向きにして置いて中には毛布を敷いておきましょう

 

最初は猫が産箱を気に入ってくれないかもしれませんが、場所を変えたりニオイをつけるなどして猫が気に入るところを見つけます。

 

出産時には、消毒したハサミや木綿糸、清潔なタオルなどがあるとより安心です。

 

 

5.猫の「難産」の見極め方と対処法は?

 

猫 妊娠

 

猫の妊娠は65日を迎える頃に出産となります。

 

人間の場合は、基本的に1回の出産で1人を産みますね。

 

ところが猫は一度に5匹ぐらいを産むのが普通であり、出産が終わるまでに2〜6時間かかるそうです。

 

陣痛が始まって1時間が経過しても1匹も生まれないときは難産になるかもしれません。

 

そのときは獣医に電話で相談して指示を仰ぐようにしてください。

 

産まれた子猫は羊膜で覆われているのですが、母猫はそれを舐めて破きます。

 

しかし生まれた子猫の生命力が弱かった場合、「この子は生きられない。」と母猫が判断すると羊膜を舐めないと言われています。

 

その時は、清潔なタオルで羊膜を剥がし、へその緒を木綿糸でしばって消毒したハサミで切ってください。

 

 

6.猫の出産時に飼い主は何をするべきか?

 

猫 妊娠

 

猫には野生の本能が備わっており、出産したら何をするべきかをちゃんとわかっています。

 

飼い主は心配でたまらないでしょうが、猫の出産は何もせず見守ってあげるだけで大丈夫です。

 

それでも全ての子猫が元気に生まれてくるとは限らず、死産になってしまうケースも少なくないのです。

 

猫の出産も命がけですし、子孫を残すのが難しいので一度に数匹の出産をするのですね。

 

 

まとめ

 

ここでは猫の妊娠から出産までを見ていきました。

 

人間の場合とは大きく異なっていることがわかりましたよね。

 

飼い主は猫が安心して出産できる場所を確保するぐらいで、出産の手助けなどは必要ありません。

 

産箱と毛布を用意し、更に清潔なタオルや消毒したハサミなどがあるといざというとき使えます。

 

それと、万が一のために動物病院にいつでも電話で相談できるような態勢を取っておいたほうがいいでしょう。

引き続き、「猫の飼育方法やしつけ方」を紹介していきます↓




他にこんな記事も読まれています

しぐさでわかる「ネコの気持ち」


「猫の飼育方法やしつけ方」人気記事ランキング


猫 妊娠
猫の習性を理解して仲良くなろう…猫に見られる習性9つの意味



猫 妊娠
トイレサインを見極めよう…猫のトイレを成功させるしつけ方



猫 妊娠
猫を長生きさせる秘訣が知りたい…猫の寿命を延ばす4つの方法



猫 妊娠
猫を「抱っこ好き」にさせたい…猫が抱っこを嫌う5つの理由



猫 妊娠
猫に散歩は必要?猫を散歩させるときに注意すべき4つのポイント



猫 妊娠
実は猫にシャンプーは不要?シャンプーが必要な猫の特徴3つと注意点



猫 妊娠
猫の飼育方法やしつけ方まとめ



猫 妊娠
猫の耳掃除をする前に…猫に適した耳掃除の頻度と正しいやり方



猫 妊娠
猫のニオイを消したい…猫が臭いと感じる3つの原因と対処法



猫 妊娠
猫にワクチン摂取は本当に必要?猫のワクチン接種のメリットと注意点



猫 妊娠
猫は何日ぐらい留守番できる?猫の留守番に必要な4つの準備



猫 妊娠
猫の口臭は病気のせい?猫の口臭がキツくなる5つの原因



猫 妊娠
猫の発情期の仕組みが凄かった…メス猫の発情期の特徴3つ



猫 妊娠
猫がイカを食べると危険?猫にイカを食べさせるとどうなる?



猫 妊娠
猫は牛乳を飲んではいけない?牛乳が猫に与える悪影響



猫 妊娠
猫を飼うなら知っておこう…猫の飼い方で絶対に重要な5つのこと



猫 妊娠
猫が夜中に鳴くのはなぜ?猫の夜中の鳴き声を抑える3つの方法



猫 妊娠
猫の肥満が気になる…猫のダイエットを成功させる4つのポイント



猫 妊娠
オススメの猫マッサージ…猫の部位別マッサージのやり方と注意点


猫 妊娠ロシアンブルー
猫 妊娠三毛猫
猫 妊娠アビシニアン
猫 妊娠アメリカンショートヘア
猫 妊娠マンチカン
猫 妊娠スコティッシュフォールド
猫 妊娠ノルウェージャンフォレストキャット
猫 妊娠シャム猫
猫 妊娠ペルシャ
猫 妊娠ソマリ
猫 妊娠メインクーン
猫 妊娠ラグドール
猫 妊娠サビ猫