猫のお風呂嫌いを克服したい…でも猫にお風呂は必要ないってホント?

猫 お風呂

 

猫をお風呂に入れるのは、かなりシンドイ作業ですよね。

 

暴れまわり、飼い主にお構いなしに引っかき傷を残すぐらいですから、よっぽど濡れるのが嫌いなんですね。

 

では、そこまでして猫をお風呂に入れる必要はあるのでしょうか?

 

実は「猫はお風呂に入れさせなくてもいい。」という説があるのです。

 

ここでは猫をお風呂に入れさせなくてもよい理由について紹介します。

 

 

猫がお風呂を嫌がる理由

 

猫 お風呂

 

猫の祖先であるリビアヤマネコは、砂漠地方を拠点として生活をしていました。

 

砂漠は昼夜の寒暖差が激しく、体が濡れていたら夜間の急激な気温の低下による気化熱によって体温が奪われ凍死する恐れがあります。

 

このように命の危険があるため、猫は水に濡れるのを本能的に嫌がり、お風呂に入れようとすると激しく反抗するのです。

 

スポンサーリンク

 

もう何千年以上も前の性質を、現代になっても受け継いでいることに生命の神秘さを感じさせますね。

 

何千年も水に濡れるのを避けている猫を、無理にお風呂に入れるなんてかなりのストレスになると思いませんか?

 

人間と違って、猫にとってのお風呂は死の恐怖すら感じるほどのストレスになるとも言われています。

 

 

ホントに猫をお風呂に入れなくてもいいの?

 

猫 お風呂

 

そもそも猫は、体臭が少ない動物であるのと同時に、全身を毛繕いして清潔に保とうとする習性を持っています。

 

食後のリラックスタイムのときに、全身をペロペロと舐めている姿を目撃しますよね。

 

スポンサーリンク

 

あれは「セルフグルーミング」と呼ばれる行為で、被毛の手入れをしています。

 

グルーミングによって猫の体は清潔に保たれているので、よほど汚れていない限りはお風呂に入れる必要はないそうです。

 

 

猫をお風呂に入れたほうがいい3つのケース

 

猫 お風呂

 

猫はグルーミングで清潔を保っていますが、一緒に生活をしている飼い主から見ると、やはりニオイや汚れが気になるときがあります。

 

猫をお風呂に入れさせたいと思うのは、主に以下の3つのケースでしょう。

  1. 避妊や去勢手術をしていない
  2. 長毛種
  3. 白毛種

特に避妊や去勢手術をしていない猫は、発情期に「スプレー」という通常の尿よりもかなりニオイのキツイ尿を出します。

 

こうすると肛門付近にスプレーが飛び散ってしまうので、非常に臭く感じるようです。

 

さらに長毛種や白毛種は汚れが目立ちやすいので、1か月に1回ぐらいの頻度でお風呂に入れさせるのが望ましいでしょう。

 

 

猫を一生お風呂に入れなくても問題ないの?!

 

猫 お風呂

 

猫がお風呂を極端に嫌がる場合は、無理に入れさせる必要はありません

 

汚れが目立つときは水を使わないドライシャンプーや、お湯でしぼったタオルを使って拭いてあげるといったケアをしてあげてください。

 

スポンサーリンク

 

最後は必ず乾いたタオルを使ってしっかりと拭き上げて、水気を取って乾いたらブラッシングをしてスキンシップを取ってあげましょうね。

 

猫とお風呂は相性最悪ですので、かなりのストレスを与えることになります。

 

無理をさせるぐらいなら一生お風呂に入れさせなくても良いと言われています。

 

そのぐらいの気持ちで持って接してあげるといいかもしれませんね。

 

 

猫がお風呂を嫌がらなくなる方法はある?

 

猫 お風呂

 

あまりにも猫が汚れていると見た目のこともありますし、飼い主はお風呂に入れたいと思うでしょう。

 

しかし水を嫌がるので、お風呂に入れるのも一苦労ですよね。

 

猫がお風呂を嫌がらないようにするには、お風呂の雰囲気に慣れさせる必要があります。

 

猫がお風呂を嫌がる理由は体が濡れるということ以外にも、「シャワー」や「シャンプーのニオイ」などもあるようです。

 

体が濡れるという状況に慣させるのは大変ですが、お風呂の雰囲気に慣れさせることは可能です

 

方法としては、食事やトイレをお風呂場でさせるのです!

 

日常からお風呂の雰囲気を経験していれば、抵抗感が多少和らぐと言われています。

 

もちろん、猫によっては食事やトイレの場所が変わると強いストレスを感じてしまうので、極端に嫌がるようならこの方法は断念してくださいね。

 

 

猫をお風呂に入れる際に注意すべきこ

 

猫 お風呂

 

猫をお風呂に入れるタイミングを考えたことがあるでしょうか?

 

大抵は、「汚れが目立ってきたから、そろそろ洗い時か・・・。」と、人間目線で考えてしまいがちですよね。

 

ここで飼い主は、猫目線に立って考えてあげてください。

 

猫が常に健康である訳ではありません。

 

飼い主がお風呂に入れたい時、もしかしたら猫は風邪を引いているかもしれないのです。

 

体調不良なのにストレスが溜まるお風呂に入れさせたら、どうなるか想像できますよね?

 

体調がより悪化するかもしれませんし、飼い主のことを嫌いになってしまうかもしれません。

 

お風呂に入れる際は、猫が体調不良になっていないかを必ず確認するようにしてください。

 

 

まとめ

 

汚れたらすぐにお風呂に入れさせたくなりますが、猫は常にグルーミングによって体をキレイに保っている動物です。

 

根本的にはお風呂は不要なのです。

 

しかし、室内飼いをしていると汚れやニオイがどうしても気になりますよね。

 

もし、お風呂に入れる必要がある場合は、猫の体調や様子をうかがいながら入れるようにしてみてください。

 

優しく声かけしながら、手際よく短時間でおこなうようにしましょう。

引き続き、「猫の飼育方法やしつけ方」を紹介していきます↓




他にこんな記事も読まれています

しぐさでわかる「ネコの気持ち」


「猫の飼育方法やしつけ方」人気記事ランキング


猫 お風呂
猫の習性を理解して仲良くなろう…猫に見られる習性9つの意味



猫 お風呂
トイレサインを見極めよう…猫のトイレを成功させるしつけ方



猫 お風呂
猫を長生きさせる秘訣が知りたい…猫の寿命を延ばす4つの方法



猫 お風呂
猫を「抱っこ好き」にさせたい…猫が抱っこを嫌う5つの理由



猫 お風呂
猫に散歩は必要?猫を散歩させるときに注意すべき4つのポイント



猫 お風呂
実は猫にシャンプーは不要?シャンプーが必要な猫の特徴3つと注意点



猫 お風呂
猫の飼育方法やしつけ方まとめ



猫 お風呂
猫の耳掃除をする前に…猫に適した耳掃除の頻度と正しいやり方



猫 お風呂
猫のニオイを消したい…猫が臭いと感じる3つの原因と対処法



猫 お風呂
猫にワクチン摂取は本当に必要?猫のワクチン接種のメリットと注意点



猫 お風呂
猫は何日ぐらい留守番できる?猫の留守番に必要な4つの準備



猫 お風呂
猫の口臭は病気のせい?猫の口臭がキツくなる5つの原因



猫 お風呂
猫の発情期の仕組みが凄かった…メス猫の発情期の特徴3つ



猫 お風呂
猫がイカを食べると危険?猫にイカを食べさせるとどうなる?



猫 お風呂
猫は牛乳を飲んではいけない?牛乳が猫に与える悪影響



猫 お風呂
猫を飼うなら知っておこう…猫の飼い方で絶対に重要な5つのこと



猫 お風呂
猫が夜中に鳴くのはなぜ?猫の夜中の鳴き声を抑える3つの方法



猫 お風呂
猫の肥満が気になる…猫のダイエットを成功させる4つのポイント



猫 お風呂
オススメの猫マッサージ…猫の部位別マッサージのやり方と注意点


猫 お風呂ロシアンブルー
猫 お風呂三毛猫
猫 お風呂アビシニアン
猫 お風呂アメリカンショートヘア
猫 お風呂マンチカン
猫 お風呂スコティッシュフォールド
猫 お風呂ノルウェージャンフォレストキャット
猫 お風呂シャム猫
猫 お風呂ペルシャ
猫 お風呂ソマリ
猫 お風呂メインクーン
猫 お風呂ラグドール
猫 お風呂サビ猫