猫のストレスサイン…猫がストレスを感じると行う異常行動6つとは?

猫 ストレス

 

猫は人間が想像している以上にストレスを抱えやすい動物です。

 

環境のちょっとした変化や、人間には気にならない部分でも過剰に反応することがあるので要注意です。

 

猫がストレスを感じる原因にはどういったことがあるのでしょうか?

 

ここでは、猫がストレスを感じたときの6つの異常行動について紹介します。

 

 

1.猫がストレスを感じやすい2つのポイント

 

猫 ストレス

 

猫がストレスを感じるポイントは非常に多く、飼い主であってもすべてを把握することは困難です。

 

ですが大きく大別すると猫は「環境」と「欲求」という2つのポイントでストレスを感じることが多いと言われます。

 

スポンサーリンク

 

飼い主は、「環境」と「欲求」が猫にどのようにストレスを与えてしまうのかを知っておきましょう。

 

全てを一気に改善することは難しいかもしれませんが、少しずつで良いので変えていけたらいいですね。

 

 

2.猫が感じる「環境ストレス」の主な原因6つ

 

猫 ストレス

 

猫が暮らす「環境」の状況を見れば、ストレスの原因があるかどうか分かります。

 

猫がストレスを感じやすい環境として主に6つの原因を挙げていきましょう。

 

  1. 室内外の騒音の有無
  2. 蛍光灯の常時点灯
  3. 室内環境の変化(模様替え・食器やトイレの変更)
  4. 電気機器音の常時発生の有無
  5. 香水や芳香剤の香りの有無
  6. 猫へのスキンシップ方法

 

ここで大切なのは、猫は住んでいる環境が急に変わると不安になるという性質を飼い主が理解することです。

 

スポンサーリンク

 

トイレや食器、模様替え、室内の騒音などはすべてが住んでいる環境だと言えます。

 

猫は環境の変化に敏感なので、いつも同じ状況でなければストレスを抱えてしまうのです。

 

 

3.猫が感じる「欲求ストレス」の主な原因5つ

 

猫 ストレス

 

次に、猫が感じる「欲求ストレス」の主な原因5つについても知っておきましょう。

  1. 食事は満足する量か
  2. 飲み水は常に清潔にしているか
  3. 室温は不快ではない温度になっているか
  4. 猫のトイレは常に清潔になっているか
  5. 寝床は心地よいものか

猫の欲求に対して満足させることができなければストレスを溜めてしまうでしょう。

 

食事、飲み水、寝床、トイレなどの猫が頻繁に利用し、生命維持に関わることに関しては、飼い主は常に気配りする必要があります

 

 

4.猫が見せるストレスサイン6つ

 

猫 ストレス

 

猫がストレスを抱えているかを確認するには、「ストレスチェック」を行うといいでしょう。

 

ストレスを感じたときにしか見せない特別な行動をするので、それを飼い主が見抜くことでストレスを抱えているかが分かります。
猫がストレスを感じると生命維持や欲求に関しての行動が抑制される傾向があるようです。

 

元気がなかったり、部屋の狭い場所に引きこもってしまったりなど、明らかな変化はストレスのサインだと考えましょう。

 

では、猫が見せる6つのストレスサインについて詳しく見ていきましょう。

 

 

@グルーミングの回数が減る

 

猫 ストレス

 

猫にとってグルーミングは身体を清潔に保つために、なくてはならない大切な行動です。

 

狩りで生活していた歴史を持つ猫は、グルーミングで自身の体臭を消し獲物に気付かれないように近づいていました。

 

生き延びるためにもグルーミングは絶対に必要だったんですね。

 

もしグルーミングの回数が減少していたら、ストレスを感じ始めている「初期」の異変だと考えてください。

 

スポンサーリンク

 

ストレスを感じ始めた程度ですので、原因を取り除けば再び通常通りのグルーミング量に戻ります。

 

本当ならばこのタイミングでストレス原因を取り除いてあげるべきですが、ずっと猫を見ているわけにもいきません。

 

ですから、グルーミング回数が減少したことに気づくのはちょっと難しいかもしれませんね。

 

 

A遊びに無関心になってくる

 

猫 ストレス

 

ストレスを感じ始めてきたときに、猫が取る行動として「遊びの制限」があります。

 

具体的には、いつも反応してくれる好きなおもちゃを与えても、興味を示さずに無関心になってしまうなど。

 

遊びに興味を示してくれるときは、猫にとって悩み事などがあまりない場合が多いです。

 

これは人間も同じで、悩み事が少なければ趣味に没頭できたりレクリエーションも楽しめますよね。

 

猫もストレスを感じると大好きなおもちゃで遊ばなくなってしまうのです。

 

「あれ?いつも楽しそうに遊んでいるのに、最近は遊ばなくなったな…。」と、こんな違和感があったら猫のストレスサインかもしれませんよ。

 

 

B隠れたまま出てこなくなる

 

猫 ストレス

 

猫が「人間」に対してストレスを感じていると、狭い隙間に入り込んだまま出てこなくなることがあります。

 

人と接することに対して嫌悪感を抱いているんですね。

 

人見知りな猫が多い中、こうした行動に出る猫はそこまで多くはありません。

 

しかしストレスを感じると普段は問題ない猫でも、隠れたまま出てこないことがあるのです。

 

おもちゃや、おやつで誘っても出てこないようであればかなりストレスを与えている状態です。

 

撫ですぎたり、必要以上に構っているとこうした状況になりかねないので注意してくださいね。

 

 

C噛みついたり飛びかかったりして不満を爆発させる

 

猫 ストレス

 

初期のストレスを超えると、それまでは見られなかった異常行動が目に付くようになります。

 

その一つに、「八つ当たり」があります。

 

ストレスが溜まり、欲求が解消されないことによる不満を飼い主に向けて爆発させるのです。

 

今までは「遊んで〜!」と甘えた声で鳴いてきたのに、いきなり噛みついたり飛びかかってくるようになったらストレスが相当溜まっているサインです。

 

頭を撫でたり、スキンシップを取っていたらいきなり指を噛まれたという経験を持つ人もいます。

 

こうした異変は飼い主でもすぐに察知できるでしょう。

 

猫に八つ当たりされたときは、現在の生活環境に強い不満を持っている恐れがあるので、原因を取り除いてあげてください。

 

 

Dいつもとは全く正反対の行動を取る

 

猫 ストレス

 

普段当たり前のようにおこなっている行動と反対のことをするようになったら、かなりストレスが溜まっています

 

例えばお気に入りの毛布を洗濯中のとき、違う毛布を出しても猫はその毛布ではスムーズに寝てくれないでしょう。

 

しかし、ストレスがかなり溜まっているとお気に入りではない毛布であってもいつも通り中に入り込み眠るのです。

 

このように、いつもとは真逆の行動を取ることを「転位行動」と呼びストレスサインの一種とされています。

 

毛布という簡単な例を挙げましたが、猫によってストレスサインは変わってくるでしょう。

 

いつもとは真逆の行動をしていたら、猫がストレスをかなり溜めこんでいるかもしれないので早めに対応を考えてくださいね。

 

 

E意味のない「威嚇」や「攻撃行動」を取る

 

猫 ストレス

 

ストレスが溜まりすぎて「末期」な状態になると、突如として意味不明な行動を取ります。

 

たとえば、グルーミング中に自分の尻尾を噛んだり、顔を洗っている自分の手を突然攻撃したりするのです。

 

何もない空間に対してしきりに威嚇したり、攻撃行動を見せたりなどもあります。

 

この意味不明な行動を、飼い主は「人間には見えない何かがいるのかも。」とオカルト的な方向へ繋げてしまう傾向があります。

 

猫は人間が見える世界しか見えておらず、人間が見て何もない空間は猫が見ても同じ。

 

そこに向かって攻撃行動を取るというのは、中枢神経がストレスで異常を示している証拠でしょう。

 

ここまでくると、風邪を引きやすくなったり、病気を患うことが多くなるので注意しましょう。

 

 

ストレスを抱え過ぎると表れる意味不明な行動

 

意味のない行動に関連して、「常同行動」もストレスを抱え過ぎた猫に見られます。

 

こちらは、同じ仕草を何度も見せるという行動で、人間でいうところの「貧乏ゆすり」に似ています。

 

顔を振り続けたり、常にジャンプし続けたり、同じ場所をずっと嗅ぎ続けていたりという行動も、ストレスが強くかかった猫に見られますので注意してください。

 

 

まとめ

 

猫がストレスを感じる原因について、理解できたのではないでしょうか。

 

体調不良という訳ではないのに、元気がなかったり、食欲不振に陥っている場合はストレスを抱えているのかもしれません。

 

普段から猫の様子をしっかりと観察して、異常がないかどうかのチェックを怠らないようにしてくださいね。

 

もし異常な行動が見られたらストレスの兆候かもしれませんので、原因を取り除いてあげることが優先ですね。

引き続き、「猫の飼育方法やしつけ方」を紹介していきます↓




他にこんな記事も読まれています

しぐさでわかる「ネコの気持ち」


「猫の飼育方法やしつけ方」人気記事ランキング


猫 ストレス
猫の習性を理解して仲良くなろう…猫に見られる習性9つの意味



猫 ストレス
トイレサインを見極めよう…猫のトイレを成功させるしつけ方



猫 ストレス
猫を長生きさせる秘訣が知りたい…猫の寿命を延ばす4つの方法



猫 ストレス
猫を「抱っこ好き」にさせたい…猫が抱っこを嫌う5つの理由



猫 ストレス
猫に散歩は必要?猫を散歩させるときに注意すべき4つのポイント



猫 ストレス
実は猫にシャンプーは不要?シャンプーが必要な猫の特徴3つと注意点



猫 ストレス
猫の飼育方法やしつけ方まとめ



猫 ストレス
猫の耳掃除をする前に…猫に適した耳掃除の頻度と正しいやり方



猫 ストレス
猫のニオイを消したい…猫が臭いと感じる3つの原因と対処法



猫 ストレス
猫にワクチン摂取は本当に必要?猫のワクチン接種のメリットと注意点



猫 ストレス
猫は何日ぐらい留守番できる?猫の留守番に必要な4つの準備



猫 ストレス
猫の口臭は病気のせい?猫の口臭がキツくなる5つの原因



猫 ストレス
猫の発情期の仕組みが凄かった…メス猫の発情期の特徴3つ



猫 ストレス
猫がイカを食べると危険?猫にイカを食べさせるとどうなる?



猫 ストレス
猫は牛乳を飲んではいけない?牛乳が猫に与える悪影響



猫 ストレス
猫を飼うなら知っておこう…猫の飼い方で絶対に重要な5つのこと



猫 ストレス
猫が夜中に鳴くのはなぜ?猫の夜中の鳴き声を抑える3つの方法



猫 ストレス
猫の肥満が気になる…猫のダイエットを成功させる4つのポイント



猫 ストレス
オススメの猫マッサージ…猫の部位別マッサージのやり方と注意点


猫 ストレスロシアンブルー
猫 ストレス三毛猫
猫 ストレスアビシニアン
猫 ストレスアメリカンショートヘア
猫 ストレスマンチカン
猫 ストレススコティッシュフォールド
猫 ストレスノルウェージャンフォレストキャット
猫 ストレスシャム猫
猫 ストレスペルシャ
猫 ストレスソマリ
猫 ストレスメインクーン
猫 ストレスラグドール
猫 ストレスサビ猫